三浦版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

市民にごみ減量呼びかけ 三浦海岸駅でキャンペーン

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
帰宅者にごみ減量を呼び掛ける吉田市長(市提供)
帰宅者にごみ減量を呼び掛ける吉田市長(市提供)

 市は、市民に生ごみの水切り徹底と一般ごみへのプラスチック混入防止を訴えるキャンペーンを先月20日、三浦海岸駅前で行った。

 一般ごみの焼却を横須賀市に依頼している市は、2012年度からプラスチック混入率5%以内、一般ごみ中に含まれる水分率50%以内を目標に掲げ取り組んでいる。取り組みの結果、一般ごみの量は減少傾向にあるが、水分率は60%と依然高い状況にある。市は、取り組みの強化、周知の徹底を目的に三浦海岸駅でキャンペーンを実施した。

 当日は、職員と共に吉田英男市長も拡声器を持ち、「生ごみの水切りを徹底することでごみの減量に繋がり、処理費用の削減に繋がる。引き続き取り組みの徹底をお願いします」と、帰宅途中のサラリーマンやOLに呼びかけた。

 12年度、市の一般ごみは約9400トン、13年度は約8400tで、取り組みにより約1千トンの削減に繋がった。また、焼却に要する費用も約4千万円削減された。

 市廃棄物対策課は「皆さんの努力で、確実にごみの量は減っている。しかし、目標数値にはまだ及ばない。一人ひとりの徹底が環境への配慮と費用削減に繋がるので引き続きの協力をお願いしたい」と話している。

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook