三浦版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

横須賀美術館 「リサブロー」の画業辿る 初の特集展示

文化

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
「MANHATTAN NYC」横須賀美術館蔵
「MANHATTAN NYC」横須賀美術館蔵

 昨年5月、89歳で亡くなった横須賀市逸見出身の画家・木村利三郎氏の所蔵品展が、4月25日(土)から横須賀美術館で行われる。

 「リサ」「リサブロー」の愛称で知られる利三郎氏は、1924年生まれ。国語教師などを経て、美術の道に進んだのは30歳過ぎだった。版画を教えていた米兵の影響もあり、単身ニューヨークへ。以来、約50年近く、現地で創作活動を続けてきた。暮らしていたのは、世界から芸術家たちが集まる通称「クレイジーハウス」と呼ばれるアパート。都市の崩壊・再生や宇宙をテーマに表現し続け、国内外で高い評価を得ていた。永住権を取得後も、晩年は度々帰国。地元の逸見などで個展を開催している。

色鮮やかな「都市シリーズ」

 今回、横須賀美術館では、遺族から寄贈を受けた37点を、今年度の第1期所蔵品展として公開する。これまで利三郎氏の所蔵作品はなく、同館では初めての特集展示となる。

 地元での個展や、今年2月の追悼展を主催するなど、生前から親交があった(有)按針の田口義明さんは「美術館の所蔵品となり、多くの人に見てもらえて利三郎さんも喜んでいるだろう。こんな偉大な画家が、逸見にいたことを知る機会になれば」と話す。同所蔵品展では、同氏の「都市シリーズ」の紹介と合わせて、街の情景をテーマにした、横須賀ゆかりの作家の展示も行われる。

 会期は7月5日(日)まで。所蔵品展のみの観覧は一般310円(企画展の入場で観覧可能)。詳細は同館【電話】046・845・1211

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook