三浦版 掲載号:2015年5月1日号 エリアトップへ

三浦市議選 接戦制し13氏揃う トップ当選は公明現職

政治

掲載号:2015年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う三浦市議会議員選挙の投開票が先月26日に行われた。昨年度の同議会本会議で定数削減の条例改正案が可決され、15人から13人へ2減した直後の選挙。14人の立候補者で争われ、現職9人・元職1人・新人3人が当選し、1人が涙を飲んだ。

 市の財政難と立候補者数の減少(無投票回避)を理由に、今年3月の定例会本会議で定数が15人から13人へ削減となった同市議会。今選挙には定数13に対して、自民3・公明1・共産3・無所属7の14氏が立候補した。

 現職は全員議席を確保。そのなかでトップ当選を果たしたのは、2380票を獲得した藤田昇氏(公明党)だった。同氏は選挙期間中、今年4月に小学4年から5年に引き上げられた小児医療費の拡充における実績や、党のネットワークを使った生活向上を有権者に訴えて市内各所を回った。盤石な強さで票を伸ばすと、2011年の市議選でトップ当選した小林直樹氏(共産党)を254票上回った。

 県議会からの鞍替え出馬で注目された木村謙蔵氏(無所属)は、「地域経済の振興・都市計画・教育・福祉で一定の道筋をつけた」と、他候補者とは一線を画す県政12年の経験を強調。1487票を集めて当選した。

1議席めぐる一騎打ち

 残る最後の1議席をめぐり、新人2人が争った。市の就学援助費が半減するなど、子育て・教育を取り巻く環境の改善を掲げる布川照美氏(共産党)と、「三浦に若さを」をキャッチフレーズに「現役世代が住みやすく、住民自治の拡充・文化政策の充実をめざしたい」として3度目の市政挑戦をした渡辺芳弘氏(無所属)の一騎打ちの様相に。最後は布川氏が渡辺氏を振り切って、初当選を果たした。その差は約20票だった。

 当選した13氏の平均年齢は56歳で、改選前から比べ4歳ほど若返った。議員は5月中旬に予定されている臨時会から招集される。

投票率は微減

 先月12日に行われた神奈川県知事選挙では、県議選の無投票などが起因して県下最低を記録した投票率。市選挙管理委員会によると、今選挙の当日有権者数はおよそ39000人で、投票率は46・13%。前回(2011年)と比べて7・2ポイント減となった。期日前投票は約1500人で、ほぼ横ばいで推移した。

三浦版のトップニュース最新6

財政運営、依然厳しく

三浦市予算編成

財政運営、依然厳しく 経済

「ゼロベースで見直しを」

10月18日号

市社協が市内初登録

かながわSDGsパートナー制度

市社協が市内初登録 社会

多分野での実践が評価

10月18日号

潮風香る野外音楽フェス

潮風香る野外音楽フェス 社会

城ヶ島で10月20日

10月4日号

通行無料化、来年度実現へ

城ヶ島大橋

通行無料化、来年度実現へ 社会

11月にも条例改正案上程

10月4日号

観光振興と防災に力点

城ヶ島西部地区再整備

観光振興と防災に力点 社会

まちづくり基本構想を公表

9月20日号

がんの不安、対話で解消

メディカルカフェ

がんの不安、対話で解消 社会

三浦修道院で交流会

9月20日号

トゥクトゥクで三浦周遊

トゥクトゥクで三浦周遊 社会

レンタカー店が新名物提案

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク