三浦版 掲載号:2015年5月15日号 エリアトップへ

白石町 村松さん 三浦から夫婦で行商40年

社会

掲載号:2015年5月15日号

  • LINE
  • hatena
馴染み客と話す村松さん夫妻
馴染み客と話す村松さん夫妻

 「今日のおすすめはアジとメトイカかな。活きがいいから美味しいよ」。秦野市の街角に停まっている軽トラックから威勢の良い声が聞こえる。

 声の主は白石町に住む「魚竜」の主人・村松一雄さん(82)。その隣で、あうんの呼吸で手伝っているのは妻の登志子さん(75)だ。村松さん夫妻は、三浦市から40年以上にわたって秦野に通い続ける鮮魚の行商をしている。行商を始めた当初、平塚市内の寿司店に魚を納めていた。その近くの学生寮に学生の食事用としてサバの切り身などの販売を始め、その空き時間を使い住宅地などでも行商をするようになったという。

 荷台のケースに並ぶのは自宅の目の前の三崎港で、その日の朝に仕入れた10種類以上の魚介類。「三崎だから、やっぱりマグロが人気だね」。40年という時間の流れの中で新鮮な魚を目当てに親子三代で買い物に訪れる人もいるといい、「『おじさんのところの魚が一番美味しい』と言ってくれた時がなにより嬉しい」と目を細める。

 週に3日、秦野まで片道約2時間の道のりを通う。「体が動くかぎり、お客さんのために頑張りたいね」。三崎直送の新鮮な魚を荷台いっぱいに積んだ二人三脚のドライブはまだまだ続く。

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook