三浦版 掲載号:2015年5月15日号 エリアトップへ

お笑いコンビ「乙」として活動し、明日16日に横須賀で行われるライブに出演する 島山 ノブヨシさん 諸磯在住 28歳

掲載号:2015年5月15日号

  • LINE
  • hatena

七転八起で歩む芸の道

 ○…浮き沈みの激しい芸能界に身を置く、キャリア約5年の若手お笑い芸人。幼い頃、家族とよく見たテレビ番組で、見る者を笑顔にするお笑い芸人に憧れ、「いつか自分も同じステージに立ちたい」と、明日のスターになるべく夢を追いかけ続けている。厳しい世界だが、自身のやりたいことをまっすぐ貫く表情はどこか充実感に満ちている。

 ○…物心ついた頃から、とにかく人を笑わせることが好きだった。名向小・上原中学校時代も「目立つにはどうしたらいいか常に考えた」と懐かしむ。授業中や休み時間を盛り上げるだけでなく、学級委員にも立候補するようなクラスのムードメーカーで、当時から片鱗を伺わせていた。大学では映像制作を専攻し、作り手としての技術を身につけたが、心の中では演者への憧れが燻っていたことに一念発起。卒業後、お笑い芸人養成所の門を叩いた。

 ○…弱肉強食、毎日が生き残りをかけた過酷なレースだ。2010年、大手芸能事務所へ所属して約3カ月後に、新番組のレギュラー出演が決まり、周囲が羨む華々しいデビューを飾った。しかし、売れっ子になれるのは一握り。お笑いだけで食べていくことは難しい。この1年、苦楽を共にしてきた養成所時代の先輩や後輩が次々と全国区でブレイクした。「正直、焦りや不安は大きい」と心境を吐露。「でも、裏を返せば自分もその可能性を持っていて、きっかけはどこに転がっているか分からない」

 ○…現在も三浦市在住。多くの芸人仲間が故郷を離れ、都内を拠点に活動しているなか、「地元からどうしても離れたくない」と、片道2時間以上かけて仕事へ向かうことも厭わない。むしろ、家族や同級生の応援をいつもダイレクトに受け取れるからこそやる気に繋がり、夢を大きく描くことができる。子どもの自分に夢を教えてくれたお笑い芸人のように、「いつか自分も誰かに夢を与えることができたら嬉しいです」

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook