三浦版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

三浦海岸 海上大型遊具を整備 若年層集客の目玉に

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
水上遊具のイメージ(写真提供/三浦海岸海水浴場運営委員会)
水上遊具のイメージ(写真提供/三浦海岸海水浴場運営委員会)

 三浦に夏がやってくる―。市内6カ所の海水浴場では、7月1日(水)と8日(水)に海開きが行われる。いずれも期間は8月31日(月)まで。三浦海岸では家族連れや若者層を呼び込もうと、昨年に続いてライブハウスの設置やビーチスポーツイベントが行われるほか、初めての取組みとして大型の海上遊具を設置し、集客促進を図る。

 今年は7月1日に和田・三浦海岸・大浦、8日に荒井浜・横堀・胴網の6つの海水浴場がそれぞれ海開きを迎える。

 観光は農業・水産業と並ぶ三浦の基幹産業の1つ。海水浴場の衰退は、地元経済の活性化にも直結する問題だ。昨今では、レジャーの多様化や海離れが進んでおり、平成6年に約250万人だった海水浴客も、この20年で4分の1ほどに減少。特に若年層の集客が課題となっている。

 統計によると市内全体の海水浴客数は平成23年度東日本大震災の影響で約38万人に落ち込むも、24年度は約52万人、25年度に約70万人と増加し、復調傾向にある。昨年は梅雨明けが平年より遅く、台風や週末の天候不良が続いたため6カ所合計で平成25年度より約12万人少ない(対前年比82・86%)、およそ58万人だった。

PRにあの手この手

 近年、三浦海岸の海水浴場運営委員会では、若者へのアピール策の一つとしてツイッターやフェイスブック、LINEなどの交流サイト(SNS)を活用した情報発信を展開。また、ビーチスポーツに関する大会や体験会・水鉄砲イベントの開催協力、ライブハウスの設置などで子どもから大人までが幅広く楽しめる海辺作りに注力してきた。

 今年、さらなるテコ入れとして初めてオープンするのが水上アトラクション「三浦海岸ウォーターパーク」。今日、関東一早い海開きを迎えた逗子海岸でもファミリービーチの活性化策として市民団体の手で初導入されている、滑り台やトランポリンなど大小の浮遊具を使った海上アスレチックだ。大人・子どもともに30分500円、定員40人(ライフジャケット着用・入替制/小学生未満や泳げない人、身長110cm以下は利用不可)で楽しめるという。

三浦版のトップニュース最新6

廃棄ロス削減へタッグ

廃棄ロス削減へタッグ 経済

キャベツの消費拡大めざす

3月5日号

歳出抑制の堅実財政運営

三浦市予算案

歳出抑制の堅実財政運営 政治

ふるさと納税好調で寄附増

3月5日号

コロナ患者搬送に民間の力

クルーズ船集団感染

コロナ患者搬送に民間の力 社会

活動から1年を振り返る

2月19日号

コロナ禍で繋がる市民活動

三浦市

コロナ禍で繋がる市民活動 コミュニティ社会

対面・ネット併用で催し

2月19日号

大根食べて、農家を応援

大根食べて、農家を応援 経済

加工や直売で消費喚起

2月5日号

大型遊具設置へ

潮風スポーツ公園

大型遊具設置へ 社会

年度内の完成めざす

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク