三浦版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

劣勢跳ね除け1勝へ

スポーツ

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 部員数2人。廃部も危ぶまれる野球部は、夏の選手権で県内初となる3校(釜利谷・三浦臨海・横須賀明光)合同チームで出場する。

単独では、試合はもとより練習も満足にできない絶対的ハンデ。しかし、グラウンドにはウィークポイントを感じさせない威勢のいい掛け声が響く。「締まっていこう」「ナイスバッティング」2人とは思えないほど覇気で溢れている。

 所属するのは川西俊輔(2年)と後藤祐紀(2年)。同級生で互いに中学1年から野球を始め、センターとライトを守る同じ外野手。次々と部を去る仲間の背中を見送りながらも、2人だけは「大好きな野球を続けたい」と強い信念を貫いてきた同志であり、相棒だ。

 平日の練習は放課後の約3時間。1分1秒も無駄にしない。限られた時間内でも効率よくバッティング練習などを行う。1人あたりの練習量を増やす工夫を凝らし、大所帯にはないメリットを「人が少ないからこそお互いの動きを意識し、遠慮せず指摘やアドバイスができる」と口を揃える。1人でもできる筋トレやランニングは自主練でこなし、唯一3校が集まる土日は練習試合で実践を積み、ダブルヘッダーも珍しくない。

 幾度となく、2人の口から衝いて出るのは”勝利”という言葉。1試合の重みと皆でプレーできる喜びを知るからこそ、たとえ劣勢と言われても下を向かず諦めない。「相手のピッチャーを潰すくらいの勢いでぶつかる」「初戦の球場は相手のホーム。プレッシャーをはねのけて臨みたい」―勝利に貪欲に、初戦突破へ突き進む。

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook