三浦版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

縁の下からチーム支える

スポーツ

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 「もし自分が試合に出られなくてもチームが勝てれば嬉しい」―。そう語るのは主将で投手の竹下颯(3年)。チームには140キロの直球を放つ石井翔(3年)が絶対的エースとして君臨し、2番手の田沼風樹(2年)は変化球を投げ分ける技巧派で安定感がある。自身は3番手。出場機会は決して多くない。それでもレギュラーの塚本浩太郎(3年)は「竹下がチームの中心」と断言する。

 1年生の時から2年後を見据えていた。風通しの良い環境を作るため、同期を集めミーティングを実施、今では控え部員も遠慮なくレギュラーに意見を言えるチームになった。また、学校から専用グラウンドまでのバスの移動中に、体を大きくするため補食を提案。1年でチーム平均6kg増した打線は鋭い打球を連発するようになった。野球のセンスが飛び抜けているわけではないが、こうしたチームを変える力、控えの思いを汲み取る姿勢などに「55人いる全部員の信頼は厚い」と塚本は話す。

 樫平剛監督は「出会った時に主将にしたいと感じた」。3年前、高校野球の監督として、竹下が当時所属していた中学生チームに話をする機会があった。真剣な眼差しで話を聞き、何かを得ようとする姿に主将の素質を見出し、直感でチームに迎え入れた。「誰よりも怒ってきたが、必死に自分と選手のパイプ役になってくれた。だからこそ一番信頼している。声をかけて良かった」。その思いを竹下も理解している。「監督は僕の恩師」。そんな師弟2人の夢は同じ、「横須賀から初の甲子園」だ。
 

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook