三浦版 掲載号:2015年10月9日号 エリアトップへ

今月10日から始まる「初声市民センターまつり」の実行委員長を務める 長塚 正邦さん 上宮田在住 72歳

掲載号:2015年10月9日号

  • LINE
  • hatena

楽しむことに全力投球

 ○…今年で34回目を数える「初声市民センターまつり」。初声地域で活動するサークルや市民団体が日頃の成果を披露する、いわば”大人の文化祭”として毎年多くの人で賑わう恒例行事だ。仲間づくりや健康維持・増進、知識や技術の研鑽、社会貢献―それぞれ目的は異なるが、共通するのは皆いきいきと輝いていること。「イベントを通して、活動することの楽しさを伝えられたら」。開催を目前に準備に余念がない。

 ○…金融機関勤務だった50代に社交ダンスを始め、現在はサークルの代表として会を束ねる。きっかけは、ダンスのインストラクター資格を持っていた夫人の影響。定年退職後を見据え共通の趣味を持とうと習い始めた。「ステップは難しいし、カタカナの専門用語はもうさっぱりで」。最初こそ苦労したが、同じ悩みや感動を共有する仲間との繋がりに励まされることも多く、魅了されるまでさほど時間はかからなかった。

 ○…常にアンテナを広く張り、興味を持ったらとことん打ち込む性分。社交ダンス以外にも、中学から始めた卓球を生涯スポーツとして嗜み、過去にマラソン、ソフトボールなど様々なものにチャレンジしてきた。「サークルで体を動かすことは自分の生きがいだね」と、しみじみと語る。これまで幾度か大病を患い、医者も首をかしげる原因不明の病で一時は生死の淵をさまよい、日常生活への復帰が危ぶまれたこともあった。生かされた命、好きなことに全力投球で楽しむ貪欲さは人一倍強い。古希を過ぎた今も青春謳歌中だ。

 ○…「そういえば、以前始めた尺八も、(夫人が)楽しそうに琴の教室に通うのが羨ましかったんだ」と照れ笑いを浮かべながら2人で顔を見合わせる。連れ添って40余年、ダンスでペアを組んで約20年。周囲も認めるおしどり夫婦の日常は、手と手を取り合い、相手を支え、ときに引っ張る―まるで社交ダンスそのものだ。

三浦版の人物風土記最新6

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

黒田 美結さん

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

黒田 美結さん

三崎在住 18歳

3月6日号

渡辺 清子さん

三浦修道院の代表を務める

渡辺 清子さん

金田在住

2月21日号

渡邉 亜紀さん

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

渡邉 亜紀さん

城山町出身 45歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月15日号

お問い合わせ

外部リンク