三浦版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

市民交流拠点 17年度に供用開始 市と事業者が正式契約

社会

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は今月11日、県立三崎高校跡地の活用計画「(仮称)市民交流拠点整備事業(A地区)」の契約候補者「株式会社ベイシア」(群馬県前橋市)と、正式に事業契約を結んだ。スーパーや交流センターは再来年度内の利用をめざし、来年から現存する校舎の解体工事に着工する予定。

 三浦市が2007年に神奈川県から約4億9000万円で購入した三崎高校跡地。今年2月には、市民交流拠点整備の事業者を民間から募り、公共機能を持つ施設にスーパーマーケットなどの物販店舗を併設した事業計画を提案した、(株)ベイシアを契約候補者に決定していた。

 新施設は、鉄骨造2階建て延べ6947平方メートル。そのうち453平方メートルが、「市民活動支援」「協働推進」「市民参加窓口」「情報交流」「市民活動の場の提供」の5つの機能と、小網代の森の案内機能を持たせた市民交流センターを整備。研修室や多目的スペースなどが設けられる。

 物販店舗は6494平方メートル。スーパー以外にも、飲食店などのテナントが入居する予定で2階部分には約250台を収容できる駐車場を整備する。

 同地は定期借地制度を活用して20年間(建設と解体撤去期間を除く)、ベイシアに有償で貸し付けられ、整備と維持管理を行う。市はテナントとして施設を借り上げる形で交流センターを運営していく。これにより、地代約3億5640万円、センター賃料を2億6110万円とし、差額の約9530万円が市の収入となる。

校舎解体は来年1月

 旧初声高校との統合により廃校となった三崎高校=写真=は、その後映画やドラマの撮影地として活用されてきたが今年5月末をもって終了。市民に親しまれた校舎は年明けから解体工事が始まり、同年6月には新施設の建設工事に着工する。なお、同社が運営するショッピングセンターは17年12月以降に開業予定、18年2月には交流センターがオープンする見込み。

三浦版のトップニュース最新6

「シナーラ」がアジア初快挙

クラシックボートアワード

「シナーラ」がアジア初快挙 文化

シーボニア母港の木造帆船

5月14日号

現職吉田氏が出馬表明

三浦市長選

現職吉田氏が出馬表明 政治

「発展に全力尽くす」

5月14日号

5割増電子クーポン発行へ

5割増電子クーポン発行へ 経済

経済・子育て支援を拡充

4月30日号

御朱印求め身近な旅

開運半島詣り

御朱印求め身近な旅 文化

「龍神信仰」でつながる3社

4月30日号

「身近な下水道に親しみを」

三浦市

「身近な下水道に親しみを」 社会

マンホールカード発行

4月16日号

観光振興へ強力タッグ

観光振興へ強力タッグ 社会

5者が連携協定締結

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter