三浦版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

「もったいない」で地域貢献 障害者に収穫体験を提供

社会

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
参加者とダイコンを採る高梨和吉さん(=写真左)
参加者とダイコンを採る高梨和吉さん(=写真左)

 暖冬による育ち過ぎで市場流通できない規格外のダイコンを有効活用―。今月8日、知的障害(児)支援施設「ハーベスト・きくな」の利用者らが初声町和田の畑を訪れ、ダイコンの収穫体験を行った。

 昨秋から今年初め頃まで続いた記録的な暖冬の影響で、大幅に値崩れしたダイコン。供給過剰を抑える出荷調整・停止のあおりを受けた多くの農家では、収穫や加工作業が追いつかず自主廃棄を余儀なくされている。

 市内で農業を営む高梨和吉さん(下宮田在住)もその1人。春キャベツの植え付け時期が目前に迫る中、これまで野菜を通じて東日本大震災の被災地支援など社会活動を行っていた経験から、「せっかくなら捨てずに美味しく食べてほしい」と市教委や社会福祉協議会、三浦ライオンズクラブなどに有効活用を呼び掛けた。

 約900坪の畑には数千本から1万本にもなるダイコンがひしめくように植えられており、参加者は大興奮の様子で収穫。ずっしりと大きく育った三浦の恵みを両手にして笑顔がこぼれていた。

三浦版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 社会

プレゼントグッズを制作

1月15日号

横須賀市重文を美術館で

横須賀市重文を美術館で 文化

2点を特別展示

1月7日号

旬味わう料理講座

旬味わう料理講座 文化

ダイコンの創作レシピ

1月7日号

めざせ、健康長寿

めざせ、健康長寿 社会

フレイルチェック測定会

1月7日号

浦賀ドック発着「気軽に空旅」

浦賀ドック発着「気軽に空旅」 経済

城ヶ島など4コース

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook