三浦版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

海南神社「いなりっこ」 郷土の舞、華やかに披露

文化

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
演目の1つ「湯立」を舞う子どもたち
演目の1つ「湯立」を舞う子どもたち

 三崎地区に伝わる郷土芸能「いなりっこ」の奉納が、今月11日に海南神社神楽殿で執り行われた。

 豊作を祈願する信仰の1つ「稲荷講(いなりこう)」が訛(なま)ったものとされ、毎年11月に同神社へ奉納される神事・面神楽の影響を受けている。2002年には市の無形民俗文化財に指定。現在は、地元有志の三浦いなりっこ保存会によって技術の保存と後進育成が行われている。

 地元住民や保護者、観光客らが見守るなか、園児から中学生までの踊り手が代わる代わる舞台に登場。狐や山の神などユニークな表情の面をかぶり、太鼓や笛の音に合わせて「国がため」「天狐の舞」「湯立」の3演目を披露すると、大きな拍手が送られていた。

三浦版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 社会

プレゼントグッズを制作

1月15日号

横須賀市重文を美術館で

横須賀市重文を美術館で 文化

2点を特別展示

1月7日号

旬味わう料理講座

旬味わう料理講座 文化

ダイコンの創作レシピ

1月7日号

めざせ、健康長寿

めざせ、健康長寿 社会

フレイルチェック測定会

1月7日号

浦賀ドック発着「気軽に空旅」

浦賀ドック発着「気軽に空旅」 経済

城ヶ島など4コース

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook