三浦版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

三浦臨海高アンサンブル部 4人で奏でる友情の音色

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
部員の(写真右から)庄司絢さん、森下千里さん、宮崎なつみさん、紺野麻菜さん
部員の(写真右から)庄司絢さん、森下千里さん、宮崎なつみさん、紺野麻菜さん

 県立三浦臨海高校アンサンブル部による「定期演奏会」が3月27日(日)、初声市民センターで催される。午後1時開場、1時30分開演。

 弦楽合奏を行う同部は、月曜〜金曜の放課後と土曜・祝日のほぼ毎日、練習を行っている。学内発表のほか、地域イベント出演や老人ホームの慰問など年間10回を超える公演をこなす。13年には、ボランティアや地域貢献活動をした県立学校のクラブなどに贈られる県教育委員会表彰を受賞。日々の膨大な練習量に裏打ちされた技術力にも定評がある。

 しかし、今年度は「アンサンブル」の根幹を揺るがす危機に直面した。部員数の急減だ。昨年4月以降、3年生の紺野麻菜さん(チェロ)、庄司絢さん(ビオラ)、宮崎なつみさん(バイオリン)と2年生の森下千里さん(コントラバス)の4人で活動。演奏会では顧問、卒業生、同校元教員などサポートメンバーが加わることで維持してきたという。

 頼りだった上級生が抜け、自分自身の音が合奏の良し悪しに直結してしまうプレッシャーのなかで、精神的支柱となったのは気心の知れたメンバーの絆と部への愛着だった。楽器未経験者ながら、同部に憧れて入学を決めたという宮崎さんや、「嬉しかったことよりつらいことの方が多かったが、辞めたいと思ったことはない」と話す庄司さん。全員が目の前の1曲と向き合い、楽しむ気持ちを忘れなかった。これには顧問の森脇陽介教諭も、「厳しい練習や難しい曲にも弱音を吐かなかった」と舌を巻く。

 明後日の定期演奏会は、このメンバーでは最後の公演。3年生はすでに今月19日に卒業式を終え、唯一の2年生部員・森下さんに次のバトンが託されている。苦楽を共にしてきた仲間との集大成。「たくさんの人に聴いてもらえたら」と4人。

 曲目はカノン・アメイジング グレース・春よ、来いなど。入場無料。詳細は同校【電話】046・889・1771

三浦版のローカルニュース最新6

身近な草花に親しんで

身近な草花に親しんで 文化

11月7日に催し

10月22日号

城ヶ島の昭和を巡る

未病ウォーク

城ヶ島の昭和を巡る 文化

10月22日号

小網代干潟の貝のふしぎ

小網代干潟の貝のふしぎ 文化

生態に迫る1冊

10月22日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月22日号

鑑賞楽しむ4つのヒント

横須賀美術館

鑑賞楽しむ4つのヒント 文化

企画展「ビジュツカンノススメ」

10月22日号

力作を一堂に

秋の合同展

力作を一堂に 文化

書・絵画・盆栽など

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook