三浦版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

3月26日・27日に開かれる「MISAKIぐるぐる春まつり2016」を企画した 今崎 智子さん 横浜市在住

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

溢れる”三崎愛”形に

 ○…「情に厚く、地域に誇りを持っている人が多い街」「面白いことに協力的で、よそ者でもやりたいことができる街」「古い町並みが素敵な街」。三崎の印象を一言尋ねれば、憧憬の念が言葉となって淀みなく次々と溢れてくる。明日26日から開かれる「MISAKIぐるぐる春まつり」は、”三崎愛”の1つの形。気持ちを共有できるファンは回を重ねるごとに増え、地元にも浸透しつつある。

 ○…三崎には数年前、店を構えた知人を訪ねて以降、度々足を運ぶようになった。通い続けるうちに新しい出会いや発見があり、「まぐろの街」という漠然としたイメージは次第に塗り替えられていった。しかし、その魅力に気づく観光客は少ない。目当てのまぐろを堪能しただけで帰ってしまうのが現状で、自身の体験と重ねながら「もっと街を歩いて楽しんでもらいたい」と、店をはしごする街歩きイベントを企画した。

 ○…趣旨に賛同した仲間へ協力を仰ぎながら、情報発信や小道具作り、協力店舗の呼びかけなど仕事を終えた深夜や休日に準備すること約3カ月。その甲斐あって、「いつもと違う客層が来た」「新しい店を知ることができた」など参加者の評判は上々だった。初回は15軒だった参加店舗は2回目に32、今回は約60と拡大中。最初は「頼まれたから」と及び腰だった商店主たちも、今では惜しみなく知恵や力を貸してくれる心強い仲間となった。

 ○…ゆかりもない土地でなぜ、そこまで出来るのか。「好きな人たちが住んでいる大好きな場所だから」と本人は至って事も無げな様子。横浜市内の新興住宅地に長らく住み、昔ながらの下町の風景や脈々と受け継がれる風習、人々の結束力への憧れもあるという。イベント仲間や顔なじみの商店主からは、「早くこっち住みなよ」と熱烈なラブコールを受けることもしばしば。「いつかはそれもいいかな」。誰もが認める三崎愛は日々膨らむばかりだ。

三浦版の人物風土記最新6

倉重 光則さん

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する

倉重 光則さん

74歳

11月20日号

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

ロカビリーバンド「THE GARAGEBAND(ザ・ガレージバンド)」のリーダーを務める

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

上宮田在住 52歳

11月6日号

小泉 隆さん

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める

小泉 隆さん

岬陽町在住 57歳

10月23日号

三根 かよこさん

三浦・三崎観光情報サイト「gooone」の編集長を務める

三根 かよこさん

向ヶ崎町在住 34歳

10月9日号

野村 工(たくみ)さん

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める

野村 工(たくみ)さん

横須賀市在住 40歳

9月25日号

藤田 貴世美さん

横須賀パッチワーク・キルト協会の理事長を務める

藤田 貴世美さん

尾上町在住 72歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク