三浦版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

フリーペーパー「me」 音楽・アート情報1枚に 上宮田限定で有志が発行

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
第1弾のmeを手にするメンバー
第1弾のmeを手にするメンバー

 上宮田地区(三浦海岸)で音楽や創作活動を行うアーティストらを中心とした有志グループが、同地区内で催される音楽・アートイベントをまとめたフリーペーパー「me(ミー)」を発行し、配布を始める。「meを持って三浦海岸をmore楽しもう」と題し、各地に点在するイベント情報を一元化。三浦の新たな文化発信拠点へ盛り上げていこうと取り組んでいる。

 「ライブや作品展など、たくさんのイベントが開かれているのに宣伝する場所が少なく、苦労している人が多いなと思って」と話すのは、三浦海岸駅前で音楽サロン「ムジカ・ソアヴェ」を主宰する野村年世さん。上宮田地区では同サロンで開かれるコンサートをはじめ、飲食店を会場にしたポップス、ジャズ、寄席など多彩な催しが日夜開かれているほか、ギャラリーやアトリエを構えて創作活動に励むアート作家が多い。普段はそれぞれが単独でポスター掲示やチラシ配布、SNSなどを使って告知を行っているが、知人や関係者・ファンなど特定の範囲にしか行き届かず、以前から集客の悩みを耳にしていたという。

 1年ほど前から知人らと企画を練り、同地区に特化した音楽・アート情報のフリーペーパーづくりに乗り出した。コンセプトは「東京に行かなくても徒歩圏内で本物が楽しめる」で、Miura(ミウラ) Entertainment(エンターテイメント)から「me(ミー)」と名付けた。

 第1弾となる春号は、A4判両面に3カ月分のイベント情報がぎっしり。欲しい情報はパソコンやスマートフォンで手軽にいつでも見られる時代だが、老若男女が手に取りやすく長期間手元に残りやすいシンプルな紙媒体にこだわった。また、収集した情報を1つにまとめたことで「同じ音楽でもクラシックが好きな人が、『ちょっとジャズも聴いてみよう』と興味を広げるきっかけになるのでは」と編集メンバーの1人で、自身が営むカフェでライブ開催やウクレレ奏者としても活動する佐藤智彦さんは期待を込める。

 催しのPRのほかにも、意欲的に活動する地元アーティストの紹介コラムを盛り込むなど地元に密着。meを通してさまざまなイベントへ足を運んでもらうだけでなく、アーティストの活動を後押しすることで「三浦海岸をもっと元気にしていきたい」とメンバーは話している。

 初回号は上宮田地区の協賛店舗ほかで、300部を配布。今後は情報を広く募りながら、6月・9月・12月に発行する予定。

三浦版のトップニュース最新6

ごみ収集車で安全啓発

ごみ収集車で安全啓発 社会

市・警察が協定締結

11月20日号

三浦の“ちょい旅”動画で紹介

三浦青年会議所

三浦の“ちょい旅”動画で紹介 社会

地元芸人・中学生が出演

11月20日号

「命守る火災警報器つけて」

「命守る火災警報器つけて」 社会

横須賀市消防局が啓発

11月6日号

地域で考える共生と予防

オレンジカフェ

地域で考える共生と予防 社会

店主が認知症の喫茶店で

11月6日号

組織超え“つな”がる看護師

組織超え“つな”がる看護師 社会

多様化するニーズに対応

10月23日号

パートナー制度導入へ

三浦市

パートナー制度導入へ 社会

来年1月の施行めざす

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク