三浦版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

シニアが生徒の”健康大学”

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
転倒予防体操を習う受講者
転倒予防体操を習う受講者

 高齢化率約35%。超高齢化社会が進む三浦を、いつまでも元気で安心して暮らせる街に―。昨年度、三浦市内では県立保健福祉大学・市立病院・風の谷リハビリデイサービスの3者による協働事業「市民健康大学」が初めて実施された。65歳以上の市民に健康意識と知識を高めてもらうねらいで、理学療法士や管理栄養士らが約3カ月にわたって転倒予防と栄養に関する指導を行った。

 受講したのは41人(平均年齢73歳)で、まずは採血・運動機能検査と問診で個々の状態をチェック。「必要以上の食事制限で低栄養気味」「つま先が上がりにくく、つまずきやすい」など、結果に応じた食習慣の知識や献立作成、効果的な運動方法を学んだ。受講前後の検査結果や意識の変化を比較すると、握力やリズム感覚の向上が見られたほか、栄養バランスを考慮した食事になったなど実際の生活習慣の改善に繋がったという。

 修了後も継続した健康管理を行ってもらおうと、受講者には市立病院の血液検査を割安で受けられるなど特典を用意。今後も年1回の開講と体験イベントを実施していく予定で、「最適な健康状態の維持・改善に役立ててもらいたい」と主催者。

 市では40〜74歳の国民健康保険の被保険者に対し、メタボリックシンドロームの予防改善を目的とした特定健診(みうら国保健診)を実施しているが受診率は県内最低の19・8%(14年度)と低調。健康づくりの機運の高まりによって「将来的に受診者数増加に繋がれば」と話している。

三浦版のローカルニュース最新6

身近な草花に親しんで

身近な草花に親しんで 文化

11月7日に催し

10月22日号

城ヶ島の昭和を巡る

未病ウォーク

城ヶ島の昭和を巡る 文化

10月22日号

小網代干潟の貝のふしぎ

小網代干潟の貝のふしぎ 文化

生態に迫る1冊

10月22日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月22日号

鑑賞楽しむ4つのヒント

横須賀美術館

鑑賞楽しむ4つのヒント 文化

企画展「ビジュツカンノススメ」

10月22日号

力作を一堂に

秋の合同展

力作を一堂に 文化

書・絵画・盆栽など

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook