三浦版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

ノルディックウォークイベントの企画など、アウトドアスポーツの普及振興に取り組む 佐藤 誠司さん 菊名在住 52歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

海と自然に魅せられて

 ○…ポールを握って颯爽と街中や公園を歩くノルディックウォークが人気だ。医療費の抑制を図る狙いで普及に積極的な自治体もある。「でも、ただ歩くだけではつまらない」。三浦・三崎の絶景コースをめぐるイベントに仕立て、100人超のウォーカーを集めた。参加者の大半は市外・県外。健康増進と観光振興を組み合わせた「ヘルスツーリズム」は、地域活性化の有効策とされている。「小網代の森に城ケ島などのメジャースポットだけでなく、隠れた資源を顕在化していけば可能性はもっと広がる」

 ○…元プロウインドサーファー。選手として活動していた20代の頃、大波に果敢に挑むビックウェーバーとしてその名を響かせた。だが、若い頃の無茶なチャージの影響か、年を重ねるごとに身体のあちこちに支障をきたすようになり、数年前にリハビリの一環として取り入れたのがノルディックウォークだった。高い運動効果を認めるとすぐに、指導員の資格を取得。ウインドサーフィンのプロショップを営む傍らで、普及に乗り出すようになった。

 ○…海と自然に魅せられた人生だ。テレビで目にしたウインドサーフィンに心を奪われ、高校卒業と同時にハワイに乗り込んだ。持ち前の度胸と身体能力でメキメキと腕を上げ、80年代半ばには、世界大会に日本人初の招待選手として出場。自分の名を冠した「セイジセイル」が販売されるなど、選手として名声を手にした。店内に飾られていた1枚の写真。説明を求めると「マウイのコンテストじゃないかな。いい波だよね」。30年前の記憶を人懐っこい笑顔で話してくれた。

 ○…ゆったりと海と向き合える環境を求めて10年前、この地に移住を決めた。道路を挟んで広がる白砂のビーチが職場であり、心身を癒してくれる大切な場所。話題のSUPを、三浦を訪れる修学旅行生に体験してもらう事業もスタートさせる。「そう、楽しみがもうひとつ増えた感じかな」
 

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook