三浦版 掲載号:2016年6月10日号 エリアトップへ

農家支援に感謝状 震災被災地へ肥料提供

社会

掲載号:2016年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災で被災した農家の復興支援を行っている「三浦地域資源ユーズ」(寺本紀久社長)と「三井造船環境エンジニアリング」(福井馨社長)に、今月2日、福島県田村市から感謝状が贈られた。

 し尿や農水産物残渣(ざんさ)などから肥料を製造する三浦バイオマスセンター事業を手掛ける両社は、社会貢献の一環で11年11月から、宮城県南三陸町や福島県相馬市など被災した東北の農家に無償で肥料の提供を行っている。

 東京電力福島第1原発事故後、山間部での除染作業が進まず、堆肥となる落ち葉を採取できない田村市。14年、肥料製造するセンターを同市議団が視察したことを契機に同社が無償提供を申し入れ、今年4月から4回にわたって約50トンを送り届けた。

 2日、田村市の冨塚宥◎(ゆうけい)市長=写真右から4人目=と市議らがセンターを訪問。寺本社長=同2人目=に感謝状を直接手渡した。

 冨塚市長らは、「わざわざ神奈川から届けてもらいありがたい」などの地元農家から集めた声を届け、「支援に心から御礼を申し上げたい」と謝辞を述べた。寺本社長は、「今後も協力できることをしていきたい。田村市との友好も築けたら」と話した。

◎=日ヘンに景  

三浦版のローカルニュース最新6

学校教育ビジョンを考える

三浦まちづくりの会

学校教育ビジョンを考える 教育

10月8日号

「うんこドリル」で啓発

三浦市交通安全協会

「うんこドリル」で啓発 教育

市内小学校に寄贈

10月8日号

秋の小演奏会

秋の小演奏会 文化

10月23日、音楽のつどい

10月8日号

マンホールカード配布再開

デッサンを楽しもう

デッサンを楽しもう 文化

11月13日に講座

10月8日号

コロナ禍でも「生徒と共に」

コロナ禍でも「生徒と共に」 教育

私立学校協会の理事長に聞く

10月8日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook