三浦版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

神奈川県 「半島活性」3大学の提案採択 空き家対策、高齢者支援など

社会

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 三浦半島の地域活性化や課題解決に資する取り組みを大学に提案してもらう神奈川県の事業に、関東学院大学、県立保健福祉大学、横浜国立大学がそれぞれ採択を受けた。先月末に公開コンペがあり、3大学が応募。今月10日に結果発表があった。空き家対策や高齢者サポート、地域コミュニティ創出などの取り組みに着手する。

市民交流拠点整備に活用

 地方創生の政策として県が策定した「三浦半島魅力化最大化プロジェクト」の一環。大学と学生が地域の現場に入り、住民らと連携しながら課題に挑む。

 関東学院大学は、横須賀・逗子・三浦の3地域で空き家再生と活用を地域コミュニティの活性化にまでつなげる事業を提案。三浦市内では、地域住民を巻き込んで街の潜在的な魅力と人材を発掘するツアーを実施。現在、三崎高校跡地に建設が進められている「(仮称)市民交流拠点」づくりにも活かしていきたい考え。

 また、空き家所有者と利用者のマッチングや、市内の空き家の状況を見て回り、利用方法について意見交換を行う見学ツアーを実施したり(横須賀市)、長らく使用されていない逗子市の旧野外活動センターを多世代交流の場として再整備していく。

 昨年度から産学官民連携で、岬陽町の「風の谷リハビリデイサービス」を拠点に取り組みをスタートさせているシルバー産業の研究開発整備事業(リビングラボラトリー事業)。その実践の場として、県立保健福祉大学は湘南長沢グリーンハイツ(横須賀市)で高齢者集合住宅の先進モデルケースづくりを行う。具体的には、生活支援サービスを希望する高齢者と、ボランティアスタッフとのマッチング円滑化や対話型ロボットによる見守りシステムの構築などを進める。

 横浜国立大学は、新たな居住者を呼び込むプロジェクトの立ち上げや、三浦半島でエコミュージアム活動を実践しているグループを取りまとめて観光活用などの可能性も探る。

 横須賀三浦地域県政総合センターによれば、全事業の予算総額は900万円。国の地方創生加速化交付金を充てる。1大学の提案に対して最大で450万円を助成。配分に関しては、内容に応じて割り振られる。
 

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook