三浦版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

山口蓬春記念館 アトリエの公開再開 3月20日まで企画展

文化

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
画室で談笑する山口蓬春(左)と吉田五十八《昭和32年(1957)》=同館提供
画室で談笑する山口蓬春(左)と吉田五十八《昭和32年(1957)》=同館提供

 昭和から大正期にかけて活躍した日本画家の山口蓬春(1893―1971)が生前自邸として暮らした山口蓬春記念館(葉山町一色2320)の画室の補正工事がこのほど完了し、一般公開が再開された。

 画室は、東京美術学校(現東京藝大)の同窓で蓬春と親交のあった建築家の吉田五十八(1894―1974)が設計。引き込み式のガラス戸や障子、埋め込み式の照明などに近代数奇屋建築の特徴が垣間見える。これまでも補修は繰り返されてきたが、完成から60余年が経過していたため老朽化が進んでいたという。今回の工事では、傾いていた基礎を立て直し、原設計を忠実に再現。色味が変化していた壁を塗り直したほか、床の寄木約1500枚も一度剥がし、職人が全て手作業で貼り直した。

 同館では3月20日(祝)まで企画展「山口蓬春邸のおもてなし〜蓬春夫妻の美意識を探る」を開催中。夫妻の作品や愛蔵コレクションを展示している。

 入館料は一般600円。月曜休館、午前9時〜午後5時(最終入場は4時30分)。

 問い合わせは同館【電話】046・875・6094

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook