三浦版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

イイジマ農園(金田) 目と舌で楽しむ“根菜ブーケ”

社会

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
カラフルな根菜ブーケを手にする飯嶋さん
カラフルな根菜ブーケを手にする飯嶋さん

 オレンジ・白・紫など採りたての野菜の色と瑞々しい葉の緑。大地と太陽のパワーを受けて育った美味しく楽しい野菜の”花束”を召し上がれ―。

 「野菜の素晴らしさは美味しくて健康になる、だけじゃない。見て楽しい1つのアート」と話すのは、イイジマ農園(金田)の飯嶋聡さん。同園で作られている根菜を使ったブーケが近年人気を博している。

 このユニークな着想は、今から4年半前に遡る。三浦半島特産のレディーサラダ大根を生産するなかで、皮のピンク色を何かに活かせないかとの思いからだった。もともと花き生産者でもあったこともあり、試しにニンジンやカブなどをリボンで束ねてみると、目にも鮮やかな”根菜ブーケ”が出来上がった。「食べるのがもったいない」。女性客を中心に好評で、驚き喜ぶ顔に手応えを感じたという。

 根菜にとどまらずトマトやイチゴを飾りつけたり、本来は処分してしまうキャベツやロマネスコの花をあしらうなど改良。現在は店頭や通信販売のほか、ブーケづくりのワークショップや農園を訪れる観光客の体験プログラムとしても活況で、野菜の新たな可能性を見出した。

 農園運営で大切にするのは、「Fun to Farm」という思い。消費者が野菜を楽しむのは無論の事、「生産者もただ野菜を作るだけではなく、様々なことにチャレンジして農業を楽しむべき」との持論を語る。野菜ソムリエの顔も持つ飯嶋さん。その道のスペシャリストとして野菜と農業の魅力を伝えていく。

三浦版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 社会

プレゼントグッズを制作

1月15日号

横須賀市重文を美術館で

横須賀市重文を美術館で 文化

2点を特別展示

1月7日号

旬味わう料理講座

旬味わう料理講座 文化

ダイコンの創作レシピ

1月7日号

めざせ、健康長寿

めざせ、健康長寿 社会

フレイルチェック測定会

1月7日号

浦賀ドック発着「気軽に空旅」

浦賀ドック発着「気軽に空旅」 経済

城ヶ島など4コース

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook