三浦版 掲載号:2017年7月21日号
  • LINE
  • hatena

夏の日ざしでより美味しく 天日干し作業に大忙し

社会

乾燥具合を見極めながら手作業で行う
乾燥具合を見極めながら手作業で行う

 さんさんと降り注ぐ夏の太陽で海の旨味をギュッととじ込めて――。

 三崎でシラス漁を営む君栄丸では、水揚げしてすぐ自前の工場で釜ゆでしたシラスの天日干し作業に追われている。

 3月の解禁以降、春過ぎまでしばらく漁獲が少ない日が続いたシラス漁。漁師の宮川元彦さんは「やや大粒だが最近徐々に何とか獲れてきた」と話す。

 炎天下のなか、干し網の上に広げられたシラスを竹ぐしでほぐすと、辺りには柔らかな磯の香りが漂っていた。

 向かいの城ヶ島では、特産品のテングサ漁が活況だ。島の周囲に広がる磯が良質なテングサを育て、県内有数の産地として知られている。船上から箱めがねで海底を覗きながらひっかき棒で刈り取る「みづき」と呼ばれる漁法で収穫。その後、水にさらしてから天日干しを繰り返す。

 晴れた日の浜のあちらこちらではテングサの赤紫色のじゅうたんが広がり、漁師らは砂や貝がらなどを取り除く作業に精を出していた。

城ヶ島の名物であるテングサ漁
城ヶ島の名物であるテングサ漁

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク