三浦版 掲載号:2017年9月8日号 エリアトップへ

自転車コース、学生が提案 若者客増に向け、産学官連携

社会

掲載号:2017年9月8日号

  • LINE
  • hatena
作成したコースを写真とともに発表する学生ら
作成したコースを写真とともに発表する学生ら

 自転車による三浦市の新たな観光客拡大を目的としたワークショップが1日、三崎港の「うらり」で開催された。ここ数年、レンタサイクルの利用者が増加していることを背景に、メインターゲットとなる若者の視点を取り入れようと、大学生が実際にモデルコースを作成。次回開催の11日には、コース内の店に学生自らが赴き、秋のキャンペーンに向け協力を交渉する。

    ■ ■ ■

 みうらレンタサイクル運営協議会、三浦半島地域活性化協議会、(株)自転車創業の三者(産・官・学)が連携して行う「みうら!自転車!観光!プロジェクト」。今回は横浜市立大学と関東学院大学から13人の学生と教師が参加した。

 当日は3つのチームに分かれ、市内3エリアを各自が自転車で巡り、道中で見つけた景色や店を写真に記録し共有。こうした魅力が盛り込まれたモデルコースを作成し、チームごとにコース名とコンセプトを発表した。「大自然と一緒にほのぼのピクニック」を発表したチームは、海辺の洞窟や畑の中を走るコースを提案。「インスタ映えする」など、将来的に若い客層を誘致するためのヒントとなる学生ならではの視点や意見を織り交ぜた。参加した横浜市立大学4年の柴綾乃さん(22)は「車やバスと違い全身で三浦を体感できた。自転車ならではの魅力を発信したい」と話す。

 作成したモデルコースは今後、自転車での移動情報をスマートフォンでコース化するWEBサイト「FRAME(フレイム)」に公開されるほか、次回は、自転車でしか行けないコース内の店に行くと特典がつく秋のキャンペーンへの協力を学生自らが店側に交渉する活動も行う。

三浦版のローカルニュース最新6

学校生活の一コマ募集

鎌倉学園

学校生活の一コマ募集 教育

記念誌製作向け掲載写真

7月31日号

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 経済

自治会、学校、店舗などで好評

7月31日号

8月7日に無料ライブ配信

和・洋融合した創作舞台

8月7日に無料ライブ配信 文化

7月31日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

7月24日号

2年連続中止に

みうら市民まつり

2年連続中止に 文化

7月23日号

葉山で元気に暮らす日願って

葉山で元気に暮らす日願って 社会

「きかちゃんを救う会」活動開始

7月23日号

三浦商工会議所

中小企業の経営・税務・融資などのご相談は三浦商工会議所へ

http://www.miura-cci.com/

三浦市社会福祉協議会

地域共生社会の実現に向けて、日々取り組んでまいります。

http://www.shakyo-miura.com

株式会社三浦観光バス

三浦市唯一の貸切バス会社です。レンタカー・レンタサイクルも好評受付中

https://miurakankobus.co.jp/

三樹院

永代供養・霊園、三樹院は浄土宗のお寺。三浦海岸駅徒歩10分でお参りに便利

https://www.sanjuin.com/

かながわ信用金庫

「強くてやさしい信用金庫」「よろず相談承り信用金庫」をめざしています

https://www.shinkin.co.jp/kanagawa/

社団法人 横須賀法人会

「税のオピニオンリーダー」として国と社会の繁栄に貢献する

http://www.yokosuka-hojinkai.com/

三浦海業公社

三崎まぐろと穫れたて三浦野菜の産直センター「うらりマルシェ」

http://www.umigyo.co.jp

実相寺

永代供養合葬墓・新規墓地等受付中

http://www.jissouji.or.jp

有限会社 左菊

土で暮らしをデザインする 古民家リノベ・しっくい・土壁・ピザ窯・かまど

https://www.sakiku.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter