三浦版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

海外町在住中野さん 全国優勝に貢献 知的障がいバスケ大会

スポーツ

表彰式後、メダルを手にする中野さん=後列左=(写真は提供)
表彰式後、メダルを手にする中野さん=後列左=(写真は提供)
 愛媛県大洲市で開かれた「全国障害者スポーツ大会」の女子バスケットボール競技に、海外町在住の中野友莉さん(横浜健育高等学院3年)が神奈川県代表として出場し、チームの日本一に貢献した。

 同バスケットボール大会は先月28日・29日に行われ、地方予選を勝ち抜いた7チームがトーナメント制で全国の頂点を争った。

 初戦の愛知県との一戦は「実質、決勝戦でもおかしくないカード」と周囲が固唾をのんで見守った試合だった。優秀候補とも臆された相手だったが、序盤から大幅のリードを重ねると一度も寄せ付けず、見事初勝利を飾った。

 続く2戦目は、近畿地方代表の大阪市と対決。神奈川は堅い守りで攻め入る隙を見せず、長身選手を活かしたプレーで流れをつくると、危なげない試合運びで次戦へと駒を進めた。

 決勝の相手は今大会シード権を持つ秋田県と。第1ピリオドでは一進一退の攻防で、同点のまま終了。しかし、第2ピリオドで神奈川が均衡を破ると、速攻やリバウンドシュートが次々と決まり、30点を超える大量得点で粘る秋田を引き離すことに成功。選手交代をしながら終盤まで攻撃を緩めず、87対42のダブルスコアで優勝を収めた。

攻守で活躍

 軽度の発達障がいを持つ中野さんは、横浜健育高等学院(横浜市港北区)に通う高校3年生。大会では後半から途中交代で出場=右写真。2戦目までは無得点だったものの決勝戦では8点をマークしたほか、仲間のアシストなどで優勝に貢献した。「あまり緊張はしなかったけれど、レイアップシュートが決まって安心した」と試合を振り返る。

 思い出されるのは、全国大会の切符を掴んだ関東ブロック予選。「強豪の東京選抜を破ったことが自信になったかもしれない」と母の才智さん。

 バスケットを始めたのは小2のとき。兄弟の影響で地域のクラブに入部。陸上競技に移った時期もあったが、中学3年からは横浜に拠点を置く「横浜メイジャーズ」に所属。毎週末、練習に励んでいる。次に照準を合わせるのは、同チームでの優勝。「まずは次の関東大会で頑張りたい」

三浦版のトップニュース最新6件

流行拡大で警報発令

インフルエンザ

流行拡大で警報発令

2月9日号

空き家解消へ協議会発足

「中学校に新たな楽器を」

時越え響く“和解の鐘”

津久井浜で2度目のW杯

ウインドサーフィン

津久井浜で2度目のW杯

1月12日号

認知症支援で3者連携

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気の刑務作業品を販売

人気の刑務作業品を販売

ブルースティックなど

2月24日~2月24日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク