三浦版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

12月3日に発表会を開く、合唱グループ「ひまわりコール」の代表を務める 三ヶ部(みかべ) 静江さん 三戸在住 81歳

心で奏でるハーモニー

 ○…「下手でもいい、楽しく音を出す。それが音楽」。小学校教員を早期退職したのち、「好きな歌が余生の生きがいになれば」と仲間たちと発足した合唱グループ「ひまわりコール」。25年前の結成当初から日本の風景を切り取った詞と素朴なメロディーに魅了され、数々の童謡や唱歌を歌ってきた。時に生家を、母を、懐かしい友の顔を思い浮かべながら、織りなす美しいハーモニーが自慢だ。

 ○…音楽との出会いを遡ると、剣崎小時代の恩師の存在が真っ先に思い起こされる。優先して身につけるべきは、読み書きそろばんという時分。それにも関わらず「音楽を通じた情操教育を」と地元の篤志家とピアノ寄贈の約束を結び、児童が自由に親しめるよう学校側に掛けあってくれた。朝、放課後、休日と夢中になり、表現する楽しさを知ったことは今の価値観を形づくっている。

 ○…現在、会には25人が集い、披露の時を待ちながら月2回の練習に励んでいる。信条は高度な技術より、それぞれが歌詞を理解し、世界観を大切にして心で歌うこと。十人十色が集まって、1つになれる快感が何よりの醍醐味なのだという。「一番上の会員は87歳。平均年齢だって70代だけど、不思議と気持ちは年をとらないの」と笑う。全員が一丸となり、楽しく歌声を作り上げる姿はさながら、”第二の青春”を謳歌しているようだ。

 ○…グループの名は皆で歌を楽しむ様子を太陽のように元気で明るく、全員が同じ方向を向いて咲くひまわりになぞらえた。きれいな花をつけるには土や水が必要なのと同じように、鼓舞し合える仲間や慕ってくれる教え子、家族の支えがあってこそ。今ではすっかり愛唱歌となった会のオリジナル曲も「実は夫が作詞を、娘が作曲してくれたもの」と頬を緩める。「何もかもがおかげさまの人生ね」。2日後に迫った節目を祝う発表会では万感の思いを込めて歌声を届ける。

三浦版の人物風土記最新6件

里見 柚己さん

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの

里見 柚己さん

2月9日号

茨田 光子さん

洋裁ボランティアサークル「三浦ソーイングオハナ」の代表を務める

茨田 光子さん

1月26日号

出口 泰行(ひろゆき)さん

公益社団法人 三浦青年会議所(三浦JC)の第57代理事長に就任した

出口 泰行(ひろゆき)さん

1月12日号

田中 麻樹子さん

サクソフォン奏者で、12月28日に逗子でソロリサイタルを行う

田中 麻樹子さん

12月15日号

石渡 啓人さん

小網代の農業後継者グループ「みどり会」の代表を務める

石渡 啓人さん

11月17日号

石村 久仁子さん

鎌倉彫後藤会の専任教授で、市民工芸講座を開く

石村 久仁子さん

11月3日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク