三浦版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

街中に移住相談所 地元商店主が私設

社会

 「三浦の移住相談、受け付けます」―。

 三崎下町商店街の「古道具ROJI」では、オーナーで移住支援を行う市民グループ「ミサキステイル」メンバーの安原芳宣さん・正美さん夫妻が、私設の移住相談窓口を開いている=写真。昨年8月のオープンから4カ月。相談件数は30件を超え、居住に留まらず、起業希望者や創作活動の拠点を探す若いクリエイターなどが次々とやってくる。既に2組が三浦暮らしをスタートさせたほか、最近では、空き家活用の妙案を求める地元住民の声も集まり、複合的な発展を遂げている。

 実は夫妻も10年ほど前に都内から三浦へ移り住み、店を構えた「先輩移住者」。体験談を交えながら、メリットやデメリットを紹介することで、空気感を肌で感じてもらいやすいという。第一義は「相手の思いを聞き、街の良さを伝えること」。「それでたとえ移住に至らなくても、コアなファンを作れるはず」と2人は意欲を燃やす。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク