三浦版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

桜に託す新たなにぎわい 小松ヶ池公園で植樹式

社会

苗木に土をかける協議会メンバーら
苗木に土をかける協議会メンバーら
 市民有志によるまちおこし団体「三浦海岸まちなみ事業協議会」(西崎則雄会長)は先月18日、上宮田の小松ヶ池公園で桜の植樹式を行った。

 早咲きの河津桜の名所として知られる三浦海岸の新たなにぎわいづくりを願ったもので、同会メンバーや吉田英男三浦市長が苗木2本を植えた。

 この苗木は、初声町和田の農家、長澤恵悟さんが寒桜の種から育てた「三浦生まれ」の実生の桜。開花時期は1月下旬から2月頃で、河津桜よりも濃い桃色の花をつけるという。西崎会長は「親しまれる桜になってほしい」と話し、さらなる地域活性化に期待を寄せた。

 2003年から同地で始まった「三浦海岸桜まつり」。多くの海水浴客が訪れる夏季以外の集客の目玉をつくろうと、同会が河津桜を植樹したことがきっかけだが、着想の根源は「桜を育てる長澤さんの存在だった」とメンバーら。ひと足早い春を楽しもうと、近年では30万人を超える見物客が来場する三浦の有数のイベントに成長している。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”動物七福神”に開運祈願

”動物七福神”に開運祈願

マリンパークで31日まで

1月1日~1月31日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク