三浦版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

公益社団法人 三浦青年会議所(三浦JC)の第57代理事長に就任した 出口 泰行(ひろゆき)さん 天神町在住 38歳

共に心ひとつに

 ○…この1月から三浦青年会議所の新理事長に就任。歴代56人の理事長が築いてきた歴史と希望を乗せ、新たな船出となった。本気で三浦を愛する仲間たちと時に真面目に、時に酒を酌み交わしながら、まちづくりに励むことがライフワークになっている。しかし、一方で同世代の市外転出者が後を絶たず、全体の約半数を占めている現状。魅力ある三浦の姿とは一体何なのか。青年会議所の存在意義が問われている。

 ○…かつて会員だった父や周囲の勧めで、2006年に入会。「活動はもとより、仕事や家庭、社会人としての振る舞い方を教わった」。「三浦を良くしたい」との熱い志に触れるたび、刺激も受けた。10年に開かれた県内の青年会議所会員が一堂に会す交流会では、部会長として奔走。三崎伝統のぶち合わせ太鼓や台船など、地元色を前面に打ち出した企画で大きな反響を得た。苦労を厭わず、失敗を恐れず。挑戦する大切さを改めて実感したという。

 ○…一般企業への就職を経て、現在は父が代表を務める「阪本伍一商店」の専務取締役となり、後継者として経営術を磨く。年齢を重ねると人間関係の構築や組織の牽引力など、JC活動が生かされる場面も次第に増え、理事長就任は大きなステップアップの機会でもある。自己成長は会社を繁栄させ、経済の発展は地域に還元。それは活性化の原動力になり、いずれまた自分自身に返ってくると確信している。

 ○…掲げた今期のスローガンは、「共(きょう)心(しん)〜今を一生懸命!一期一会と共に〜」。「常に一生懸命であれ」との母の教えと、「その瞬間はその時だけ」という先輩の忠言の2つを織り交ぜた。「共心」にはみんなで心を通じ合わせ、繋がり、まちづくりを前進させていこうとの決意を表した。今こそ12年で得た学びを伝播させる時。「僕らを見て、JCに入りたいと思ってもらえたら」。朗らかな笑顔で語る目には、やる気が漲っていた。

三浦版の人物風土記最新6件

岩口 縣一さん

みうら観光ボランティアガイド協会の会長を務める

岩口 縣一さん

9月7日号

加藤 正嗣さん

中学生軟式野球チーム「マリーンズベースボールクラブ」の監督を務める

加藤 正嗣さん

8月24日号

鈴木 恒雄さん

三浦市社協の学習支援事業で、ボランティア講師グループの代表を務める

鈴木 恒雄さん

8月3日号

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲秋の城ヶ島散策

仲秋の城ヶ島散策

灯台の内部見学も

9月29日~9月29日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク