三浦版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

山口蓬春記念館 茶の湯の心、読み解く あすから企画展

文化

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
《青磁象嵌茘枝菊花文鉢》高麗時代12─13世紀
《青磁象嵌茘枝菊花文鉢》高麗時代12─13世紀

 葉山町一色の山口蓬春記念館で、あす2月10日(土)から収蔵品展「山口蓬春とお茶〜蓬春邸にみる茶の湯のこころ」が始まる。4月8日まで。

 日本画家、山口蓬春(1893─1971)は駆け出しの頃から古美術品を求め、自らの創作の糧としていたほか、当時の文化人たちとともに茶の湯を楽しんだ。蓬春が妻と晩年を過ごした邸宅は水屋や坪庭が整えられており、往年収集した貴重な茶道具や資料が今に残る。同展では、蓬春の作品や絵巻などのコレクション約30点を展示。蓬春邸に息づく茶の湯の世界を読み解く内容になっている。

 会期中は鏑木清方記念館(鎌倉市)との連携イベントや茶席が楽しめる春の呈茶会(3月3・4日/1席500円・前日まで申込み)、学芸員による展示解説(2月17日11時〜)なども予定されている。

 開館時間は午前10時から午後5時(入館4時30分まで)。月曜休館。入館料は一般600円、高校生以下無料。

 問合せは、同館【電話】046・875・6094

三浦版のローカルニュース最新6

ごみ収集日を自動で通知

ごみ収集日を自動で通知 社会

アプリの使いやすさ向上

5月15日号

市内事業者に最大100万円

市内事業者に最大100万円 経済

緊急経済対策で交付金

5月15日号

家庭の食卓お助け隊

来訪の証「御城印」いかが

来訪の証「御城印」いかが 社会

三浦一族ゆかりの4城

5月15日号

来年2月で営業終了

さいか屋横須賀店

来年2月で営業終了 経済

売り上げ回復めど立たず

5月15日号

運動プログラムを放送

運動プログラムを放送 社会

【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月15日号

お問い合わせ

外部リンク