三浦版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する 下里 芽依さん 小網代在住 17歳

「めざせ全国」雪辱の舞台へ

 ○…先月行われた県高校総体陸上競技大会。800mと1500mの2種目で入賞を果たし、全国予選を兼ねた南関東大会へ駒を進めた。フォームを改良したことで「伸びのある走りができた」と手ごたえを感じる一方、「予選では緊張や焦りもあった」と反省の弁を口にする。大会まで残り1週間、「まだまだこれから」。理想とする自分の走りを追求し、夢にまで見た全国の切符を全力でつかみに行く。

 ○…「小中学校9年間、リレーの選手でした」。小さい頃から運動が好きで、脚力には自信があった。それもそのはず、生まれ育ったのは陸上選手だった父、箱根駅伝経験者で現役引退後は実業団の指導者として活躍する叔父を持つ陸上一家。兄の影響で小2からジュニアクラブに所属すると、たちまち頭角を現した。起伏の激しい“三浦路”は、昔も今も恰好のランニングコース。「坂道が得意なのはこのおかげかも」と屈託なく笑った。

 ○…高校は競技を始めた頃からの憧れだった名門・白鵬女子高へ進学。早朝や土日のトレーニング、往復3時間30分の通学も何のその。尊敬する先輩、切磋琢磨しあえる仲間、全幅の信頼を寄せる指導者に恵まれ、日々練習に明け暮れる。「距離を走れば走るほど強くなれる」。納得のいく走りができたときの達成感は、何度体験しても嬉しいもの。「練習は厳しい。でも、何もせずうまくいっても嬉しくはないから」

 ○…高校1年だった昨年、勇んで挑んだ南関東大会は空気にのまれ、実力の半分も出せずに予選敗退。語る言葉に悔しさがにじむが、負けをバネに1年間積み重ねた鍛錬は今、何よりの支えになっている。「絶対に全国へ行きたい」。148cmの小柄な体にリベンジへの闘志を秘め、出場枠の6位入賞をめざす。

三浦版の人物風土記最新6件

鈴木 恒雄さん

三浦市社協の学習支援事業で、ボランティア講師グループの代表を務める

鈴木 恒雄さん

8月3日号

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

鈴木 邦久さん

海南神社青年会の会長を務める

鈴木 邦久さん

5月25日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク