三浦版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

地域の安全、共同で確認 大地震想定し、実動訓練

社会

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
防災課の指導を受けて担架をつくる参加者
防災課の指導を受けて担架をつくる参加者

 毘沙門の三浦バイオマスセンターで今月16日、施設管理者の三浦地域資源ユーズ(株)・三井E&S環境エンジニアリング(株)と地域住民、三浦市防災課職員・消防署員ら約30人が合同で防災訓練を行った。

 2社と大乗区・毘沙門区・宮川区は、東日本大震災を教訓に防災対策協定を締結。大災害地域支援計画を策定して、同センターを拠点にした避難所の開設、食料・飲料水などの生活必需品や防災用資器材の備蓄、情報収集・伝達手段について明文化している。

 「三浦市で震度6強を観測した南関東地震の発生」を想定。避難所開設から始まり、入所受け付け、テント設営、自家発電機や防火水槽の使用方法、炊き出し、AEDによる救命訓練などの手順をひとつずつ確認した。

 今年は初めて救助訓練を実施。がれきの下敷きになった要救助者に声を掛けながらジャッキを用いて救出し、シーツと角材でつくった応急担架で模擬搬送した。

 市内には築年数が古い家屋が多く、大地震による倒壊のおそれもあることから訓練の重要性は高い。市防災課の笠小正幸さんは、「まず大事なのは自身の安全確保と冷静な判断。二次災害防止まで考えてほしい」と呼びかけた。

 また、三浦地域資源ユーズの吉田茂専務は訓練を振り返り、「今日学んだことを各地域に持ち帰り、日ごろの備えにいかしてほしい」と話した。

三浦版のローカルニュース最新6

間伐材でものづくり体験

間伐材でものづくり体験 文化

山北町で5月29日に

5月1日号

健康的に痩せよう

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 文化

クーポン付きなどの例も

4月30日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月30日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月30日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter