三浦版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

”彩り鮮やか”個性派集団 いきいきシニアの「元気の源」は

社会

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
芸能一座「フルーツバスケット」 主宰  山田良正さん▲公演風景の動画がARで見られます
芸能一座「フルーツバスケット」 主宰 山田良正さん▲公演風景の動画がARで見られます

 「私たちのまちをもっと元気に・楽しく・ハートフルに!」をモットーに、高齢者施設などへ笑顔を届ける芸能一座「フルーツバスケット」。明るく華やかなプログラムに定評があり、公演を心待ちにするファンも多い。座員は社会貢献、健康増進、いきがいづくり、発表の場を求めて集まった個性あふれる約180人。座長の山田良正さん(69・尾上町在住)=写真右から3番目=は、「肩書きは関係なく、一人ひとりが主役」と胸を張る。

 「これほどまでに大きくなるとは」。1991年の旗揚げから28年間のあゆみを山田さんは感慨深げに振り返る。

 座員は元公務員をはじめ、日本画家、ダンサー、元教員や保育士、音楽家などプロ・アマチュア問わず多彩な顔を持っている。「彩り鮮やかな果物が山盛りのかご」をイメージして名づけられた、まさに「フルーツバスケット」そのものだ。

 ピアノや三味線、フラメンコに昔なつかしい南京玉すだれ。個々の得意分野を生かした和洋中、バラエティに富んだ演目が特徴で、三浦市・横須賀市内の高齢者施設や敬老会、地域イベントなどを中心に、年20回余りボランティア公演を行っている。「仲間は宝。みんなで力を合わせれば、何でもできる気がする」

喜ぶ顔が原動力

 前身となったのは、元横須賀市職員の山田さんが同僚たちとつくった歌、マジック、落語などを楽しむ趣味仲間の会。好きが高じて家族や知人を招き、発表会を開いていたところ友人からステージ出演を頼まれた。向かった先は、特別養護老人ホーム。“デビュー公演”の様子が地元紙に掲載されると、次々と依頼が舞い込むようになったという。温かい拍手や声援に手ごたえを感じ、「少しでも楽しんでもらえるなら」とメンバーの賛同もあって、地域を軸とした活動をスタートさせた。

 小石川ひばり子に、マリー・ダイヤモンド。座員たちは第2の自分を表す芸名を持つ。「スター☆YAMADA」こと山田さんも自慢の衣装に身を包み、自宅のカラオケで鍛えた喉と持ち前のサービス精神で『空に太陽がある限り』を熱唱すれば、コンサート会場さながらの盛り上がりを見せる。観客を楽しませることは自身の喜びであり、継続するための原動力だ。

「生涯現役」で輝く

 下は12歳から、上は92歳まで。その最高齢歌手「マーサはまなす」は、山田さんの母・まさえさん=同4番目。

 まさえさんは70歳で一座に入って以降、幾度も大手術を経験。一時は要介護度3の認定も受けたこともあったというが、今では十八番の『雪椿』『ふたり酒』を歌い上げられるほど元気になった。子や孫ほど年の離れた座員から「マーサ」の名で親しまれ、観客からは握手を求められる人気者だ。

 「ステージは表現の場であると同時に学びを得る場」と山田さん。楽しみに待ってくれている人の笑顔、向上心を持つ仲間の姿に常に刺激を受けている。「生涯現役」。輝く笑みをこぼした。

三浦版のローカルニュース最新6

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

11月27日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月20日号

体に優しい薬膳正月料理

体に優しい薬膳正月料理 文化

12月14日に講座

11月19日号

癒しの匂い袋づくり

癒しの匂い袋づくり 文化

三樹院でお香教室

11月19日号

伝統の和菓子を楽しむ

伝統の和菓子を楽しむ 文化

茶通・練り切りづくり

11月19日号

思い出の名曲が蘇る

タウンニュースホール

思い出の名曲が蘇る 文化

サーカス コンサート

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook