三浦版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

三浦初声高アンサンブル部 3人4脚、結束の音聴いて 3月24日に定期演奏会

文化

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
(写真右から)部員の松田さん、田中さん、門倉さん
(写真右から)部員の松田さん、田中さん、門倉さん

 「ひとつの曲をつくりあげる喜びを分かち合い、音楽の楽しさを伝えたい」――。

 県立三浦初声高校アンサンブル部では、3月24日(日)に開催する第9回定期演奏会に向けた練習が佳境を迎えている。部員は1年生3人のみ。奏者の田中奈々美さんと松田未羽さん、マネージャーの門倉鈴さんが、1年間の集大成を披露しようと奮闘している。

逆境を糧に上達

 部員ゼロからのスタートだった。昨年3月、3年生の卒業であわや休部になるところ、中学時代に吹奏楽部でコントラバスを演奏していた田中さんが、楽器未経験だった2人を誘って入部。日々、練習に励んできた。

 6月には緊張のなかで初めて発表会の舞台に立ち、その後も顧問や外部講師らのサポートを受けながら、老人ホームの慰問や文化祭で演奏。途中から門倉さんはマネージャーに転向したが、「3人でつくる楽しみが大きかった」と田中さんは振り返る。譜読みも楽器も初めてだったという松田さんも「難しいものほど楽しく、達成感がある」と笑顔で語る。

 音の厚みこそ大人数の合奏には劣るが、大切にするのは何人で演奏するかではなく、誰と一緒にやるか。そして、他人を楽しませるには、まず自分が楽しむ―が部のモットーだ。「音楽のすばらしさ、曲の良さが伝わるよう、一音一音に気持ちを込めたい」と3人は意気込み、好演を誓った。

*   *   *

 会場は初声市民センター講堂、午後2時開演(1時30分開場)。入場無料。曲目は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「千尋のワルツ」「海の見える街」「マーチ」「花のワルツ」など。

 詳細は同校【電話】046・889・4203

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook