三浦版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

横須賀美術館 表現と「拡大/縮尺」の世界 センス・オブ・スケール展

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
しばらくここで待ってクリップ(C)Tatsuya Tanaka
しばらくここで待ってクリップ(C)Tatsuya Tanaka

 ”実物”の「大きさ」はどのくらいなのか―。科学の進化とメディアの発達で、私たちは「物を見る」ことに関して、縮小や拡大が可能な時代を歩んでいる。例えば、目に見えない最小の物質や遠く離れた宇宙―。拡縮により、知の世界を広げることが可能になった。アーティストにとっても、その「スケール」は作品コンセプトに大きく影響を与えている。

 横須賀美術館で今月13日から始まった企画展は、「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」。現代美術を中心に、11組に焦点を当てた。馴染みの風景や事物など、表現と拡縮の関係性に触れながら、「スケールの旅」が楽しめる。

斬新な「見立て」も

 精密な縮小模型から巨大なオブジェ、広範囲の世界をとらえた写真や絵画、異なる縮尺が存在するインスタレーションなど多彩な作品が並ぶ。

 このほか、「拡大」の技術による科学的な研究に注目しているのも大きな特徴。「大きく見る技術」が貴重な発見へとつながり、新たな世界の扉を開いた。同展ではプロローグとして3人を紹介。国産初の反射望遠鏡を生み出し、月面や太陽のスケッチを残した国友一貫斎(1778-1840)、生命の最小単位である細胞を「セル」と名付け、精緻なスケッチの「顕微鏡図譜」を出版したロバート・フック(1635-1703)、雪の結晶を研究し、顕微鏡で3000点以上の写真を撮ってまとめた中谷宇吉郎(1900-62)を取り上げる。

 同展の会期は6月23日(日)まで、5月13日(月)と6月3日(月)は休館。チケットは一般900円、高大・65歳以上700円、中学生以下無料。

アーティストトークも

 会期中、同展に出品している作家が来館。製作意図などを聞くことができる。▽5月19日(日)午前11時〜高橋勝美/午後1時〜高田安規子・政子×沢山遼(美術批評家)、いずれも会場は同館ワークショップ室、企画展示室。参加無料(要企画展観覧券)、事前申し込みは不要。

 詳細は同館【電話】046・845・1211

【出品作家】岩崎貴宏、国友一貫斎、鈴木康広、高田安規子・政子、高橋勝美、田中達也、中谷宇吉郎、野村仁、平町公、ロバート・フック、松江泰治(敬称略)

三浦版のローカルニュース最新6

市内3中学校にテント寄贈

LC国際協会330–B地区

市内3中学校にテント寄贈 社会

行事や災害時などに一役

5月27日号

ポイ捨てNO‼住民の手できれいに

三崎下町環境美化の会一斉清掃初開催

ポイ捨てNO‼住民の手できれいに 社会

5月27日号

小網代の森ホタル観察

「一挙手一投足を大切に」

「一挙手一投足を大切に」 スポーツ

元ヤクルト・荒木さんが野球教室

5月27日号

犬との生活がストーリーのヒント

 漫画『横須賀こずえ』作者 小田扉さん

犬との生活がストーリーのヒント 文化

横須賀美術館で特集展示開催中

5月27日号

夏前に体と向き合う

夏前に体と向き合う 文化

諸磯で1日限定イベント

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook