三浦版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

消えゆく方言、声で残す ひばりの会がデータ作成

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
聞きやすさ、正確な発音を確認しながら収録
聞きやすさ、正確な発音を確認しながら収録

 朗読ボランティアサークル「ひばりの会」は、地域に残る言葉の文化「方言」を後世に残そうと、音声データの収録に取り組んでいる。

 「方言を知る人、話す人が徐々に少なくなり、このままではなくなってしまう」と危機感を持った同会メンバーが発案。地域の歴史や市民生活などをまとめている石渡喜一郎さん(83) =本紙連載「三浦の方言」資料提供=の郷土誌をもとに、石渡さんが方言を、ひばりの会が共通語の対訳を担当し、一語ずつ吹き込み作業が進められている。

 口伝によって継承されてきた方言。紙資料での保存こそあるが、音声データはほとんどない。石渡さんによると、三崎でも集落ごとに異なる言い回しがあるといい、現在収録しているのは白石町や海外町地区で使われてきたもの。イントネーションやアクセント、漁師言葉が持つ雰囲気など、音声でなければ細かなニュアンスは伝わりにくいため、「こうした活動は大切」と石渡さん。

 完成後は、多くの人の耳に触れるよう、三崎昭和館など市内各所への提供も視野に入れており、「生の方言を残すため頑張りたい」とメンバーは意気込んでいる。

三浦版のローカルニュース最新6

科学と遊ぼう

電力中央研究所(横須賀市長坂)

科学と遊ぼう 教育

施設公開で実験や体験

10月4日号

公園が野外シアターに

公園が野外シアターに 社会

城ヶ島で映画祭

10月4日号

自転車事故をゼロに

自転車事故をゼロに 社会

県と企業・団体が連携

10月4日号

「ファイア」リニューアル

キリン缶コーヒー

「ファイア」リニューアル 経済

火をテーマに20周年

10月4日号

いなりっこ発表会

気軽に一服いかが

気軽に一服いかが 文化

10月6日に茶会

10月4日号

健康づくりを楽しく学ぶ

健康づくりを楽しく学ぶ 社会

体操教室や落語など多彩

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク