三浦版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

消えゆく方言、声で残す ひばりの会がデータ作成

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
聞きやすさ、正確な発音を確認しながら収録
聞きやすさ、正確な発音を確認しながら収録

 朗読ボランティアサークル「ひばりの会」は、地域に残る言葉の文化「方言」を後世に残そうと、音声データの収録に取り組んでいる。

 「方言を知る人、話す人が徐々に少なくなり、このままではなくなってしまう」と危機感を持った同会メンバーが発案。地域の歴史や市民生活などをまとめている石渡喜一郎さん(83) =本紙連載「三浦の方言」資料提供=の郷土誌をもとに、石渡さんが方言を、ひばりの会が共通語の対訳を担当し、一語ずつ吹き込み作業が進められている。

 口伝によって継承されてきた方言。紙資料での保存こそあるが、音声データはほとんどない。石渡さんによると、三崎でも集落ごとに異なる言い回しがあるといい、現在収録しているのは白石町や海外町地区で使われてきたもの。イントネーションやアクセント、漁師言葉が持つ雰囲気など、音声でなければ細かなニュアンスは伝わりにくいため、「こうした活動は大切」と石渡さん。

 完成後は、多くの人の耳に触れるよう、三崎昭和館など市内各所への提供も視野に入れており、「生の方言を残すため頑張りたい」とメンバーは意気込んでいる。

三浦版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

5人で織りなす感性の世界

現代アート展「FAR WAY」

5人で織りなす感性の世界 文化

小網代のスタジオKで

6月14日号

まもなく海水浴シーズン

まもなく海水浴シーズン 社会

6月27日から

6月14日号

健康的に痩せよう

健康的に痩せよう 社会

管理栄養士らが指南

6月14日号

皆でつくる市民まつり

皆でつくる市民まつり 社会

参加事業者を募集

6月14日号

世界にひとつの”名向小パール”

世界にひとつの”名向小パール” 教育

児童が浜揚げ体験

6月14日号

恐竜時代を再現

恐竜時代を再現 社会

今夏、うみかぜ公園で展示企画

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク