三浦版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

認知症理解で、親身な接客 ベイシアが福祉研修

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
認知症の人への対応を議論する参加者
認知症の人への対応を議論する参加者

 引橋の三浦消防署となりに今月24日開業した「ベイシア三浦店」。オープン前の職員を対象とした福祉研修の一環で、三浦市社会福祉協議会による認知症サポーター養成講座が行われた。

 2日間で約100人のスタッフが受講した講座では、店内での迷子や毎日同じ商品を買いに来るなど実例を挙げて、適切な接客の仕方を紹介。続いて行われたグループディスカッションは、「認知症と思われる来店客がレジを通さず商品を店外へ持ち出した際、どう対応するか」をテーマに活発に意見を交換。驚かせない・急がせない・自尊心を傷つけない―などの心得のほか、地域全体で支える大切さを学んだ。

 同社では、障がい者や高齢者へ配慮した接客応対を身につけてもらおうと、車いすや高齢者疑似体験などの研修を実施しているが、認知症に関連した講座はこれが初めて。三浦市は高齢化率が約38%と県内で最も高く、多くの高齢者の利用が想定されることから、市社協が受講を提案。このほどの開催に至ったという。

三浦版のローカルニュース最新6

生産ロス削減に支援の輪

三浦初声高

生産ロス削減に支援の輪 教育

直売中止で販路に苦慮

5月29日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月29日号

豪州で日本語指導

豪州で日本語指導 社会

市が補助教員を募集

5月29日号

災害備え、バイク寄贈

三浦ライオンズクラブ

災害備え、バイク寄贈 社会

発足55周年記念事業で

5月29日号

震災復興願う“義援シャツ”

震災復興願う“義援シャツ” 社会

1着ごと500円寄付

5月29日号

コロナ禍で「苦渋の中止」

みうら夜市

コロナ禍で「苦渋の中止」 社会

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク