三浦版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

8月13日・14日に市民交流センターで、自身初の美術作品展を催す 上田 博幸さん 南下浦中学校教諭 39歳

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

美術に一途、”不惑”の個展

 ○…「個展をやるなら40歳の節目に」。30年以上前に美術の道に進みたいと志してから、今日まであたためてきたイラストや絵画、立体作品などをこのほど披露する。南下浦中学校の美術科教諭として勤務しながらの創作活動。生みの苦しみは常に伴うが、様々な個性を持った色が協力して虹を作り出すシリーズ作品など教育現場から着想したものもある。「生徒たちに見せると喜んでくれる。それが嬉しくて」

 ○…絵を描くことが好きな少年だった。漫画「ドラゴンボール」に魅了され、小学校の卒業アルバムには「漫画家になる」と書いたほどで「コミュニケーションが不得意で、絵は自己表現のひとつだった」と本人談。高校3年になってもその夢は変わらず、進路相談で示されたのが美大進学だった。留年して多摩美術大学に入学。グラフィックデザインを専攻すると、次第にキャラクターデザインやCM制作に興味を持ち、視野を広げていった。

 ○…「美術の授業がつまらなくて。自分だったらもっと面白くできると思っていた学生だった」。そんな過去から生まれた教育方針は「最大限認める」こと。上手下手ではなく、感性を褒めて表現を妨げないのが信条だが、その反面、成績評価では苦渋の判定になることも。個展では、元教え子が会場ボランティアとしてサポート。「美術を好きなまま卒業してほしい」という思いが結実している。

 ○…ときに絵は人の心へ雄弁に語りかける。見た者の琴線に触れ、プラスの作用が働いたとき、作品づくりの醍醐味を実感するという。かつて自身の作品を見て、涙した人がいた。理由は聞かずじまいだったが、キャラクターの可愛さにホッとしたり、過去を思い出したり。「自分も絵に救われた人生だった。そんな風に楽しんでもらえたら」

三浦版の人物風土記最新6

草川 晴夫さん

三浦市観光協会の新会長に就任した

草川 晴夫さん

小網代在勤 64歳

7月26日号

石井 仁美さん

三浦市手話サークルともしび会の会長を務める

石井 仁美さん

諸磯在住

7月12日号

今井 正純さん

写経会・ケルトハープ演奏会を開いた三樹院住職の

今井 正純さん

上宮田在住 66歳

6月28日号

芹澤 貞夫さん

今月、発足30周年を迎えた「三浦とうがん会」の会長を務める

芹澤 貞夫さん

和田在住 77歳

6月14日号

草間 道治さん

第41代三浦市議会議長に就任した

草間 道治さん

松輪在住 61歳

5月31日号

石渡 大輔さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

石渡 大輔さん

上宮田在住 44歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク