三浦版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

神奈川トヨタ商事 “育てる漁業”に継続支援 水産資源維持へ10万円寄附

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川トヨタ商事株式会社(横浜市神奈川区)は今月2日、城ヶ島の「公益財団法人神奈川県栽培漁業協会」に、事業支援金として10万円の寄附を行った。

 同社は神奈川トヨタ自動車を中核とするKTグループの企業で、プレジャーボートの販売を主軸に事業展開する。顧客らの購入目的はマリンレジャーで、おもに釣りであることから、水産資源の維持・拡大をめざし、マダイやサザエ、ヒラメなどの種苗生産や放流事業を行う同法人の活動に賛同。今年5回目を数える。

 この日は同社の黒田圭次郎社長=写真右=と手島隆雄取締役が、城ヶ島の施設を訪問。黒田社長は「プレジャーボートは釣りが支えで、改めてこの活動の大切さを感じた」と自社の成長との密接なつながりを語り、今井利為協会専務理事=同左=に寄附を手渡した。

 その後、今井専務理事がマダイの種苗生産の様子などを報告。とくに人件費・施設管理費に多額の予算を要するなかで、漁業経営の不振や遊漁者数の減少からおもな収入源である漁業者負担金、遊漁船業者等協力金が減少傾向にあり、苦境に立たされている実情を明かした。

 今井専務理事は「補助金ゼロで受益者負担が現状。安定した海洋資源の維持のために寄付を役立てたい」と述べ、継続支援に感謝の意を示した。

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook