三浦版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

台風19号被害 須坂復興の一助に 市・社協職員が派遣

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市と市社会福祉協議会は、台風19号による千曲川の氾濫で被害を受けた、姉妹都市の長野県須坂市の災害対応支援を目的として、先月18日から職員5人を派遣した。

 長野県北部に位置する須坂市。市の西側を流れる千曲川が大雨で増水し、氾濫。流域の北相之島地区の住宅などが床上・床下浸水被害に遭い、避難所生活を余儀なくされた住民も多い。

 同市で15日から災害ボランティアセンターが発足されたのを受け、三浦市福祉課課長の石渡隆行さん・出水正樹さん、健康づくり課の椛田祐紀さん、市社協職員で社会福祉士の杉崎悠子さんと佐藤志穂さんが派遣され、ボランティアの受け入れ業務や事務補助などを担当した。

 「泥だらけで、臭いもひどかった」と現地の様子を話した石渡さん。保健師の椛田さんは生命維持から生活再建へ時間経過とともに支援ニーズの変化を目の当たりにしたと振り返った。

活動を報告

 5人は先月28日に吉田英男市長と星野拓吉副市長のもとを訪れ、活動を報告した=写真上。

 杉崎さんはボランティアの受け入れに伴う需給調整について言及。多い日で1日約500人のボランティアに対応。センター運営で必要になる細やかな配慮など、起こり得る事態への備えの必要性を説き、「他のスタッフにも伝えたい」と話した。

 同市では収穫時期を迎えていた名産のリンゴ畑やJAの選果場でも被害が出ており、吉田市長は「農産物販売などでも応援したい」と今後の支援について述べた。

被害の爪痕が残る住宅(写真提供/市社協)
被害の爪痕が残る住宅(写真提供/市社協)

三浦版のローカルニュース最新6

生産ロス削減に支援の輪

三浦初声高

生産ロス削減に支援の輪 教育

直売中止で販路に苦慮

5月29日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月29日号

豪州で日本語指導

豪州で日本語指導 社会

市が補助教員を募集

5月29日号

災害備え、バイク寄贈

三浦ライオンズクラブ

災害備え、バイク寄贈 社会

発足55周年記念事業で

5月29日号

震災復興願う“義援シャツ”

震災復興願う“義援シャツ” 社会

1着ごと500円寄付

5月29日号

コロナ禍で「苦渋の中止」

みうら夜市

コロナ禍で「苦渋の中止」 社会

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク