三浦版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

矢作海岸で丸太からカヌー作りに挑戦している 豊岡 誠司さん 逗子市在住 54歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

遊び心でつなぐ文化

 ○…南伊豆の山から切り出された1トンもあるセコイアの大木から、アウトリガー・カヌーを矢作海岸にあるビーチハウスで作っている。今年3月から仲間とともに、チェーンソーやノコを駆使して形を整え、防水塗装作業も一段落。あす、11月2日には進水式を行う予定だ。「まだ完成ではないが、ようやくここまで来ました」と充実した表情で語る。

 ○…ウインドサーフィンを会社員になってから始め、自然の力を全身で感じるスポーツの魅力を知った。カヌーでの川下りやスノーカイト、スタンド・アップ・パドルボード(SUP)などに熱中すると、カヤックと帆を組み合わせ、カイトを制作し、SUPボードを木材から組み立てた。のめり込むと、なんでも自分で作るタイプで、”作品”は多岐にわたる。忙しい日々を過ごす中、「自然を舞台に遊ぶことで何よりの気分転換になる」

 ○…10年ほど前、ウッドカヤックを作っている人がいることを知り、興味を持った。鎌倉の工房に4カ月間通い、試行錯誤しながら完成させた。「海に出たときの感動は今でも忘れない」。今でも、そのカヤックは愛用しているという。  

 ○…2007年から、木材でできたボートを作る愛好者が集まる(WBBM=Wooden Boat Builders Meeting)に参加。現在のビーチハウスのオーナーと知り合ったのもその頃だ。現在は主催者として毎年春と秋、同海岸で会員同士の交流や情報交換、木から船を作る素晴らしさを伝えている。「先人の文化を継承するとか、そんな高尚なことは考えていない。面白いから続けられる」と笑うが、楽しさを追求するその姿勢こそ、文化を次世代に繋ぐきっかけになる。遊び心を胸に、古来からの営みを自然体で継承していく。

三浦版の人物風土記最新6

渡辺 清子さん

三浦修道院の代表を務める

渡辺 清子さん

金田在住

2月21日号

渡邉 亜紀さん

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

渡邉 亜紀さん

城山町出身 45歳

2月7日号

石井 昭男さん

中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手

石井 昭男さん

三崎出身 64歳

1月24日号

香山 賢一郎さん

三浦青年会議所(三浦JC)第59代理事長に就任した

香山 賢一郎さん

三崎在住 37歳

1月10日号

吉川裕之さん

クラリネット奏者として活躍する

吉川裕之さん

下宮田在住 36歳

12月13日号

田中 史郎さん

陶芸工房「夢窯」の共同代表のひとり

田中 史郎さん

海外町在住 69歳

11月29日号

鈴木 金太郎さん

三浦商工会議所の会頭に就任した

鈴木 金太郎さん

小網代在住 72歳

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク