三浦版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

羽床総本店 次代担う高校生応援 “農×水”コラボパスタ

社会

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
販売されているパスタセット
販売されているパスタセット

 「株式会社羽床総本店」(海外町)は、魚の消費量拡大と地元高校生の応援を目的に、県立海洋科学高校生徒が水揚げしたカジキマグロと三浦初声高校で栽培されたトマトを組み合わせた「パスタセット」を商品化。現在、高島屋で販売され、好評を博している。

 考案した商品は「海洋高校&三浦初声高校のパスタセット」と名付けられ、御歳暮商戦が始まった今月初旬から高島屋限定で取り扱われている。

 同社は毎夏・冬に同百貨店限定の贈答商品をシリーズ展開。高校生が漁獲・栽培した食材を使った商品を販売する応援企画に2014年頃から賛同している。海洋科学高生徒が海洋実習で水揚げしたカジキマグロを購入するところから取り組みがスタート。以降、カレーやオイル漬を販売してきた。

 「和食だけでなく洋食でも楽しめる商品を作りたかった」。羽床総本店は創業した大正12年から変わらず、カジキマグロを中心に味噌漬けや粕漬けなどを製造販売する老舗。長年のファンは多いが、近年叫ばれている食卓の“魚離れ”も顕著で、消費量の拡大に知恵をしぼってきたという。

6次化を後押し

 現在販売されている商品は、「かじきのポルペッティトマトソース煮」「かじきのオイル漬バジル風味」のソース2種と、市内唯一の製麺所「丸清製麺」(栄町)で人気の生パスタとの地産地消セット。

 ポルペッティとは、イタリア語で肉団子の意味で、自社商品の製造過程で出る端材をミンチにして、食べやすいボール状に成形。三浦初声高の都市農業科で生産されたトマトの規格外品を買い取り、ソースに仕上げた。「形や大きさは不ぞろいだが味の濃い、昔ながらのおいしいトマト」と同社の山本浩司社長は太鼓判を押す。地元企業が加工し、老舗百貨店での販売により「1次産業を支える若者のモチベーション向上につながったら」

 食卓にのぼるには、「まずは食材のおいしさを知ってもらおう」と、温めるだけという手軽さにこだわった。自然の味を楽しめるよう、添加物も不使用。どちらも味のベースにはカジキのあらで旨みをとったスープを使用する。

 これまで海洋科学高の生産物販売会でも販売。試食をした生徒たちにも好評だった。山本社長は今後の展開について「学校でも加工設備を持っており、6次化もできる。レシピ監修などでサポートできたら」としている。

 12月23日(月)まで高島屋横浜店やオンラインストアで取り扱い。1箱4320円(税・送料込み)。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

三浦版のトップニュース最新6

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

過去最高の6億円超へ

ふるさと納税

過去最高の6億円超へ 社会

ブームや独自返礼品が追い風

2月7日号

迷惑キャンプお断り

三戸浜

迷惑キャンプお断り 社会

漁港区域の釣りも全面禁止

2月7日号

面影受け継ぎ再出発

みやがわベーグル

面影受け継ぎ再出発 社会

三崎のエンゼルを利活用

1月24日号

早春彩る桜まつり

三浦海岸

早春彩る桜まつり 社会

来月8日から夜間点灯も

1月24日号

民間参入で活用策探る

城山地区市有地

民間参入で活用策探る 社会

宿泊施設など市場性調査

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク