三浦版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

三浦青年会議所(三浦JC)第59代理事長に就任した 香山 賢一郎さん 三崎在住 37歳

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

「全身全霊」体現誓う

 ○…所信表明で掲げたスローガンは、座右の銘でもある「全身全霊〜己を鼓舞し、愛する地域のために〜」。難しい言葉よりシンプルに等身大で、「すべてを出し尽くし、ベストをめざす」との決意を込めた。やりたいこと、好きなことに情熱を傾ける行動力。やらぬ後悔より、失敗しても全力で挑戦してこそ得た学びを大切にしたい。第59代理事長就任への気概を4文字で示した。

 ○…入会は09年。長年親しまれてきた三崎の花火大会終了の知らせがきっかけだった。生まれ育った街の誇りがいとも容易に消えた衝撃と、経済的影響への不安。現状を打破する何かを求めていた時だった。初めて委員長となった13年、城ヶ島でのイベントを運営。成功に向けてメンバー一丸で奮闘する姿勢にやりがいを感じ、涙した記憶がよみがえる。JC活動は己が己に課した使命であり、だからこそ、困難はあっても苦労はない。

 ○…自動車メーカーの営業職などを経て、現在は家業の「香山通産」の取締役を務めながら、地域振興にも尽力。「三崎・城ヶ島花火大会」の実行委員長として資金集めや企画に奔走する姿は、市内外に賛同者を増やした。荒天により断腸の思いで中止した昨夏のリベンジを果たしたのは先月のこと。反省や課題は山積みだが、楽しんでもらえたという手ごたえが、次へ進む原動力になっているのは確かだ。

 ○…「入りたい、楽しいと思える場、成長できる機会を作る」。価値ある組織づくりが会員増強につながると考えている。もとはインドア派だったが、次第に交友関係が広がり、地域を越えて県内のJCメンバーと、大好きなプロレスの愛好グループを作り、観戦を楽しむことも。卒業を迎える40歳まで残り3年、全力で駆け抜ける。

三浦版の人物風土記最新6

宮野 哲也さん

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める

宮野 哲也さん

多摩区在勤 64歳

7月4日号

横山 豊久さん

横須賀・三浦の花の名所をまとめた「よこすか花散歩」を上梓した

横山 豊久さん

上宮田在住 72歳

6月26日号

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

黒田 美結さん

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

黒田 美結さん

三崎在住 18歳

3月6日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月4日号

お問い合わせ

外部リンク