三浦版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

みやがわベーグル 面影受け継ぎ再出発 三崎のエンゼルを利活用

社会

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
今月18日の内覧会の店内・外の様子
今月18日の内覧会の店内・外の様子

 昨年の台風で店舗が損壊被害を受けて営業休止中の「みやがわベーグル」が再出発に向け、改修工事を行っている。三崎で半世紀以上にわたって親しまれ、惜しまれつつ閉店した「食事処・喫茶エンゼル」の昭和の風情残る建物を受け継ぎ、老舗の歴史と新鋭店の気風が融合する憩いのパーラーを構想。3月の開店予定に地元の期待も高まっている。

 みやがわベーグルは2016年、宮川橋の下にオープン。元釣具倉庫を改装し、三浦産野菜と小麦を使ったベーグルを販売。観光客やサイクリストなどが訪れる人気店だった。しかし、昨年の台風15号・19号で被災。暴風雨でガラスや屋根が損壊し、営業再開のめどが立たないことから移転を決断した。その後、みやがわベーグルの運営者の1人、岩崎聖秀さんは遊休物件相談などに対応する「合同会社MISAKI STAYLE」の協力を受け、物件探しで見つけた旧エンゼルの建物に一目惚れ。「新しい店が次々と出来て盛り上がる三崎で一緒に何かできたら」と新天地に決めた。

 エンゼルはまぐろを使った創作料理など、街の食堂として地元客や観光客の胃袋を満たしてきた。しかし一昨年、店主の急病によって惜しまれながら50年以上の歴史に幕を下ろして以来、空き店舗になっていた。

 移転を機に、「みやがわエンゼルパーラー」と名を変え、三浦野菜など地場食材の魅力を伝えるコンセプトはそのままに、喫茶や甘味処としてリニューアルすると昨年末、SNSで発表。旧エンゼルの利活用と、みやがわベーグルの再出発を待ち望む人たちから歓迎の声があがっていた。「とても喜んでもらえて嬉しいが、受け継ぐ責任の重さも感じている」

古さと新しさ融合

 「双方のファンをつなぐ場にしたい」と、年季の入ったカウンターに宮川時代の内装を思わせる白色のタイルを貼り、どちらの“らしさ”も残すなど趣向を凝らした。

 今月18日には内覧会を開催。開店を心待ちにする地元住民らが改修中の建物内部を見て、「愛されてきた店だから嬉しい」などと、懐かしの味や思い出話に花を咲かせる光景もあった。

 オープンは3月を予定。同店で責任者を務める蛭田奈奈さんは「歴史を大事にしながら、時間を忘れて過ごせる居心地のいいお店にしていきたい」と目標を語った。

三浦版のトップニュース最新6

“書庫寺子屋”を居場所に

“書庫寺子屋”を居場所に 社会

休校受け、有志が開放

3月20日号

畑で繋がる生産者と消費者

畑で繋がる生産者と消費者 社会

「イベント通して農業知って」

3月20日号

最終処分場が完成

三浦市

最終処分場が完成 社会

不燃性残さを埋立

3月6日号

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

迷惑キャンプお断り

三戸浜

迷惑キャンプお断り 社会

漁港区域の釣りも全面禁止

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク