三浦版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

市民満足度調査 約5割が「住みよい街」 健康・自然に高い評価

社会

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市はこのほど、「2019年度市民満足度・重要度調査」の結果を公表した。「住みよい」と答えた市民は48・6%で、市外流出が顕著な若年層では28・6%にとどまった。市の施策への満足度は、5段階評価で平均2・76と低い水準だったことが分かった。

 同調査は、住民基本台帳から無作為抽出された市内在住満16歳以上の男女2000人を対象として昨年9月に実施。質問は、住みよさ、市の「三浦みらい創生プラン」の各施策に対する現在の満足度と今後の重要度、財政健全化に関する意識のおもに3項目で構成され、704の有効回答をもとに結果がまとめられた。

 「三浦市が住みよい」と答えたのは48・6%(2015年度比1・4%増)、「住みにくい」が9・5%(同0・9%減)、「どちらともいえない」が40・9%だった。

 年齢別でみると、16歳〜22歳で「住みよい」と感じている人は3割に届かず、通学や就職・結婚などによって市外流出に歯止めがかからない若年層での値の低さが浮き彫りになった。

交通利便求める声

 41の施策で最も満足度が高かったのは「市民の健康力の増進支援」、「採りたての農業振興」、「自然を守り、楽しむ活動の促進」の順。

 また、最も低かったのは「地域をつなぐ交通網の確保」で、そのあとに「ユニバーサルデザインのまちづくり」「子どもが安心して遊べるまちづくり」がつづいた。

 おもに住環境におけるハード面の整備を希望する声が多く、「松輪から潮風アリーナに行く場合、三浦海岸から電車とバスを乗り継がなければならずに不便」「遊具がなくても子どもたちが『あそびたい!』と思えるような環境を整えて」などの意見が寄せられた。

経済振興を支持

 財源対策の手法の賛否を問う項目では、「人口増加に向けた事業を拡大する」「市外からもっと企業を呼び込む」への賛成・やや賛成の合計値がそれぞれ8割近くにのぼり、「市民サービス・事業の縮小」をはじめとしたコストカットではなく、経済活性化による歳入増を支持する人が多かった。

 市は今後、アンケートの回答を踏まえ、将来的な事業運営に反映させていきたいとしている。

三浦版のトップニュース最新6

“書庫寺子屋”を居場所に

“書庫寺子屋”を居場所に 社会

休校受け、有志が開放

3月20日号

畑で繋がる生産者と消費者

畑で繋がる生産者と消費者 社会

「イベント通して農業知って」

3月20日号

最終処分場が完成

三浦市

最終処分場が完成 社会

不燃性残さを埋立

3月6日号

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

迷惑キャンプお断り

三戸浜

迷惑キャンプお断り 社会

漁港区域の釣りも全面禁止

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク