三浦版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

塗り絵で伝える「ありがとう」 市民の作品投稿募る

文化

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
三浦市民7月号に掲載された下絵
三浦市民7月号に掲載された下絵

 “withコロナ”の日常を過ごすすべての人たちに塗り絵で思いやりのメッセージを届ける「アートで『#ありがとう三浦』を伝えよう」プロジェクトが、三浦市市民協働課の主催で今月1日から始まった。市民から完成作品を募って医療現場に届けるほか、SNSで公開。コロナ禍を市民一丸で乗り越えようとの機運を高める。

 コロナ禍の最前線で闘う医療従事者や物流など日常生活の維持に必要な「エッシェンシャルワーカー」と呼ばれる職種、感染の不安を抱えながら働く家族、“ステイホーム”を続ける人などに、感謝や応援の気持ちを伝えようと市が企画。毎月1枚、7月〜9月の広報紙「三浦市民」内に掲載される下絵に色を塗り、メッセージを書き込んで3枚をつなぎ合わせると1つの作品が出来上がるというもの。完成した塗り絵は、写真撮影して市民交流センター【メール】info@miuracc.orgへ送付すると、同センターホームページや館内掲示、市立病院などに届けられる。また、SNS「#(ハッシュタグ)ありがとう三浦」をつけて、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムといったSNSへの投稿も呼びかけ、盛り上げていく。

 原画を担当したのは、金沢21世紀美術館や箱根彫刻の森美術館、横浜トリエンナーレ(2008年)をはじめ、国内外で活躍する現代美術家で、東京藝術大学教授の大巻伸嗣さん。三浦市に縁があり、「自宅時間を楽しんでほしい」という企画趣旨に賛同した同氏が、今回のために既存作品にアレンジを加えて提供したという。

 用紙は市役所や南下浦・初声の各出張所でも配架される。

 詳細は同課【電話】046・882・1111(内線315)

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook