三浦版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

講演会 戦後75年に伝えたいこと 8月8日開催

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 広島・長崎への原爆投下と終戦から今年75年。被爆体験伝承事業に取り組む2団体による、平和の大切さや記憶の風化の危機を訴える市民講座「平和活動を広げよう」が、8月8日(土)に催される。会場は三浦市民交流センター(ベイシア三浦店2階)、午後1時から2時。

 講師を務めるのは、「被爆体験を語り継ぐ会」の三澤幸子さん(横須賀市在住)と、「ピースメッセージ 横須賀orizuru」の加藤和之さん(同)。

 三澤さんは、10年以上前から県内の被爆者を招いた講演会や核兵器の恐ろしさを伝える企画展示などを開催。近年では当時を知る体験者の高齢化が顕著なことから語り部の会を立ち上げ、継承活動を行っている。

 加藤さんは、三澤さんの活動を通して平和について考える大切さに触れ、薄れゆく戦争の記憶を危惧。被爆地の広島・長崎に折り鶴を届ける市民グループを発足し、「戦争は別の世界の物語ではなく、忘れてはいけない」との発信に力を入れている。

 参加無料。定員20人、申込み先着順。

 申込みは同センター【電話】046・845・9919

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook