三浦版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

(PR)

神歯大附属病院 肝臓のリスクを早期発見 先進の検査装置でチェック

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 人体で重要な働きをする”腎臓”と”肝臓”。これにまつわる健康情報を届ける3回シリーズ。第2回のテーマは肝臓。神奈川歯科大学附属病院消化器内科の古出智子医師=写真=に聞いた。

 肝臓は摂取した栄養を蓄えるとともに有害な物質を解毒する役割を持つ。人工的な装置では代用できず、替えが利かない。「沈黙の臓器」とも表現され、ダメージを受けても症状が現れないため健康診断などで数値に異常が見られても放置してしまいがちになる。

 異常の一つに脂肪肝がある。「肝硬変や肝細胞がんに至る心配はないとされていたが、近年そうではないことが分かってきた」と古出医師。脂肪肝炎や肝硬変へと進行する可能性のある「非アルコール性脂肪性肝疾患」という概念が生まれ、推定で2千万人の潜在患者がいるとされる。

 肝臓の状態を調べるには肝硬度測定検査(フィブロスキャン)が有用という。痛みや副作用のない数分間の検査で、肝臓の硬さや脂肪の程度が測定できる。県内に数台しかない装置が同附属病院にあり、検査を行っている。「脂肪肝や脂肪肝炎は現時点では特効薬がない。早期診断と地道な減量が有効」と古出医師は話している。

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

三浦版のピックアップ(PR)最新6

大腸癌(がん)で命を落とさない

神歯大附属病院

大腸癌(がん)で命を落とさない

早期発見に「便潜血検査」

11月20日号

「お宝無料鑑定会」を開催

10月30・31日 横須賀市産業交流プラザで 要予約 相続相談会同時開催

「お宝無料鑑定会」を開催

生前整理・遺品整理の相談だけでもОK

10月9日号

肝臓のリスクを早期発見

神歯大附属病院

肝臓のリスクを早期発見

先進の検査装置でチェック

10月9日号

「血糖値管理で感染防げ」

新型コロナと糖尿病

「血糖値管理で感染防げ」

中島内科クリニック/中島茂院長

9月25日号

本堂納骨型の永代個人墓

本堂納骨型の永代個人墓

横須賀・東浦賀 「乗誓寺」で受付

9月25日号

「良質肥料あります」

「良質肥料あります」

15kg入り1袋100円で販売

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク