三浦版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

継続支援に「心から御礼」 南三陸町長が表敬訪問

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
佐藤町長(写真右)から感謝状を受け取った吉田市長(同左)
佐藤町長(写真右)から感謝状を受け取った吉田市長(同左)

 東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた宮城県南三陸町の佐藤仁町長が今月12日、三浦市役所を訪れ、長年の復興支援に対する感謝状を贈呈した。発生から10年を前に、復興計画事業の完遂の見通しが立ち、佐藤町長は「恩返しは南三陸をしっかりした町にすること。復興の方向性が見え、報告できることが一番の喜び」と話し、支援への謝意を表した。

 遠洋漁業の基地として昔からつながりの深い両市町。三浦市内では、震災直後から地元有志や業界団体による支援物資輸送や義援金の寄附、三浦商工会議所・三浦市商店街連合会などを中心とした「義援シャツ」の販売が行われ、売上の一部を同町へ寄附している。

 また、市職員の派遣も継続して行っており、これまでのべ11人が町の復興に尽力。贈呈式には歴代の派遣職員も出席し、津波の爪あとが残る当時の様子や地元住民との思い出を振り返った。

 南三陸町とは昨年2月に「災害時における相互応援協定」を締結しており、吉田英男市長は「南三陸は地縁人縁が多い町。これからも長い付き合いができたら」と話した。

 この日、佐藤町長らは他にも、700トンを超える堆肥を無償提供している三浦地域資源ユーズと三井E&S環境エンジニアリング、ダイコンなど野菜の提供を行ってきた三浦市農業協同組合を表敬訪問した。

 震災による同町の死者・行方不明者は、831人。海岸沿いの海抜20m以下にあった住宅・工場・商店の7割が津波で流失した。

三浦版のローカルニュース最新6

間伐材でものづくり体験

間伐材でものづくり体験 文化

山北町で5月29日に

5月1日号

健康的に痩せよう

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 文化

クーポン付きなどの例も

4月30日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月30日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月30日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter