三浦版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

ごみ収集車で安全啓発 市・警察が協定締結

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
協定を交わした吉田市長(写真右)と藤田署長(同左)
協定を交わした吉田市長(写真右)と藤田署長(同左)

 三浦市と三崎警察署は今月10日、「市民への安全広報に関する協定」の締結式を同署で行った。ごみ収集車や公用車を活用した取り組みで、今後、相互協力して犯罪の未然防止や交通事故抑止を呼びかける。吉田英男市長は「市民団体とも連携を強化し、安全で安心して暮らせる街を実現したい」と話した。

 月曜から金曜まで、市内全域を走行するごみ収集車に着目し、スピーカーを活用した犯罪抑止・交通事故防止啓発の取り組みは、川崎市や茅ヶ崎市などで2018年から行われている。三崎警察署でも、市内で急増する特殊詐欺をはじめとした犯罪や交通事故を未然に防ごうと、市に対して協定締結を申し入れた。市では19台のごみ収集車が平日の日中に稼働しており、準備が整い次第、音声とあわせて、車体に注意喚起のマグネットシートを貼って市民の安全意識向上を図っていくという。

子どもの声で注意

 アナウンスに使用される音声は、先ごろ市防犯協会が主催した「防犯標語コンクール」で優秀作品=下段=に選ばれた河口ゆいさん(初声小2年)、君嶋春空さん(南下浦小5年)、日野有紗さん(旭小6年)に協力を依頼。子どもたちのアナウンスによる呼びかけは県内でも珍しく、特殊詐欺・交通事故ともに高齢者が絡む事案が多いことから2者は効果を期待する。

 三崎警察署によると、三浦市内における今年10月末までの特殊詐欺事件は、6件(前年比マイナス2)発生し、被害額は約700万円。このほか、子や孫、警察官・市職員を名乗る不審な電話が確認されている。

 また、人身交通事故発生件数は98件(今月15日現在/前年比プラス21)で増加傾向。統計上の交通事故死者である発生後24時間以内の死亡者数はゼロだが、9月末のバイク同士の事故では、重傷者が発生3日後に息を引き取っている。

三浦版のトップニュース最新6

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook