三浦版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

三崎の美化に地域団結 ボランティア団体が発足

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
今月10日に行われた団体の設立総会の様子
今月10日に行われた団体の設立総会の様子

 ごみのないきれいな三崎をめざして有志が団結――。30を超える地元住民や事業者らが集まり、ボランティア団体「三崎下町環境美化の会」が今月10日に発足した。30年にわたって三崎で自主的に清掃活動を続ける力丸則子さんの呼び掛けで関心の輪が拡大。「ポイ捨てごみのない街で観光客をおもてなし」を掲げ、定期的に清掃活動を行って美化に努める。

 活動対象エリアは三崎下町地域に限定。会員らはそれぞれの所有地、もしくは所在地域の道路などの清掃を定期的に行っていくという。

地道に清掃30年

 会発足のきっかけになったのは、三崎港ロータリー付近で自主的に清掃活動を行う力丸則子さん(白石町在住)。昼間は主宰するピアノ教室や喫茶店「キーコーヒー」で働く傍ら、約30年にわたってほぼ毎日、午前2時から4時にかけてごみを拾っている。過去には三浦市などから奇特な行為に贈られる善行表彰を受けたが、「端からどんどんきれいになるのが楽しくて趣味のようなもの。苦ではない」と笑う。

 以前と比較してごみのポイ捨ては減っているが、「多くの人が訪れる『食と観光の町』をもっときれいにしたい」と思うようになり、知人の吉田茂さんに相談。1人では限界があるため、地域全体の美化運動として取り組もうと動きだした。

 今月10日の設立総会には、県・市職員、区長、商店街や市場関係者などが出席。三崎銀座通り商店会副会長の秋本清道さんの代表幹事を筆頭に、役員11人を選出した。

 多数の賛同を得たことについて力丸さんは、「未来を変えるのは1人ひとりの行動にあり、広がりはとても嬉しい」と笑顔を見せた。

多団体が活動

 市民団体による海岸清掃活動も月に1度の頻度で行われており、随時参加を募っている。直近の日程と集合場所は以下のとおり。

 ▽諸磯海岸/12月19日(土)午前8時10分から/諸磯区民会館横(浜諸磯バス停)

 ▽三戸浜/1月2日(土)午前9時から/三戸浜火の見櫓(やぐら)前

 ▽城ヶ島/1月3日(日)午前9時から/城ヶ島バス停

 ▽油壺/1月10日(日)午前8時30分から/市営油壺駐車場(油壺バス停)

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook